毎日更新|街コンジャパンクーポン情報

【懸念材料アリ】街コン・恋活パーティー参加のメリットとデメリット

社員の皆さま、ご苦労様です。

街コンCEO(@machicon_ceo)です。

 

彼女やセフレが手に入るのであれば出会い方法は何だって良い

何も出会い方法を街コンに限定する必要はありません。

ただ、数ある出会い方法の中で最も効率の良い出会い方法と定義できるのが街コンです。

 

この記事を書く私自身、かつてストリートナンパに腕を磨いていました。

 

友人などから女の子を紹介されることを嫌い、合コンにもほとんど参加することがありませんでした。

しかし、週末になると街へ繰り出てはナンパをする。そんな男でした。

 

そんなナンパにハマる男が27歳のときに”街コン”を主戦場に選んだのはなぜでしょうか?

 

答えは、街コンの出会いにメリットを見出したからです。

しかしながら、街コンが完全無欠な出会い方法であると思っているわけではありません。

 

40回以上の参加経験を持つ私が、街コンがもつ良い面と悪い面の両方を解説していきますので、まだ参加したことがないという方は参考にしてみてください。

補足

街コンと恋活パーティーってどう違うの?という質問を頂きましたたが、まったく一緒のものです。主催者によって呼び名が違うだけで内容に相違ありません。

 

街コン参加戦績

画像

街コン参加回数 41回
F/SEXまで 28人(内、即日は4人)
キスまで 5人
キス以下 7人

≫≫街コンCEOの参加レポートをみる方はこちら

目次

街コン・恋活パーティーに参加するメリット

1、出会いが確約されている

『出会って話せる』ことが確約されている。

これこそ街コンがもつ最大のメリットと言い切っても過言ではありません。

 

世の中の出会いツールとして、マッチングアプリや出会い系、SNSなど、その方法は多岐にわたります。

それらと根本的に違うのが、『事前のやり取りが必要ない』という点です。

 

マッチングアプリなどは、会うまでに以下のような段階的なやり取りが必要となります。

  1. プロフィール写真で第一審査
  2. メッセージのやり取り
  3. アポを取る

    大きく分けて3段階の壁を突破しなければ、直接会って話すことすら叶いません。

     

    それとは引き換えに街コン・恋活パーティーでは、

    • 『事前のやり取りが不要』
    • 『一度のイベントで8~10人程と出会える』

      不確実な未来に向けて行う面倒なやり取りが不要です。

       

      街コンにおいても、結局は出会った後にラインのやり取りは必要ですが、一度出会った人とやり取りをするのと、出会ったことのない人とやり取りをするには雲泥の差があることは容易に想像がつくかと思います。

       

      『出会って話せる』が確約された出会いは発展する可能性を引き上げていることは間違いないと言えるでしょう。

      2、様々な職業の女性と出会える

      画像

      確実に普段出会うことのない女性と出会うことが出来るのが街コンです。

       

      看護師、介護士、保育士、アパレル、美容系、サービス業、アルバイト、etc。

      中でも女性が多い職場の代表格として看護師や保育士などは、街コンに参加をすると1~2人はいます。

       

      また、現在開催されている街コンは、居酒屋で行われる一般的な街コン以外にもカテゴリー分けがされており、趣味・嗜好にあったイベントも多く開催されています。

      など、あげたらきりがない程、多岐にわたります。

      他にもアラサーコンなどの年齢制限を5歳前後に設定されたイベントであったり、20代限定コンなど、参加者のミスマッチを防ぐように工夫がされています。

      3、合コンの上位互換

      アナログの出会いと言えば、「合コン」が定番でした。

      今でもそれが廃れたわけではありませんが、一参加者という立場であれば”ただ参加するだけ”ですが、幹事となると一切の手間と負担がのしかかります。

      人集め→日程調整→店の確保までを段取りしなくてはならず、皆がその立場を避けたがることや令和時代の今、マッチングアプリや街コンの定番化によってより気軽に出会いを求められる状況が整っています。

       

      そんな合コンのデメリットを解消するのが街コン。

      これらの面倒なことは一切不要で、お金を払えば当日、開催店舗に出向くだけでOKという手軽さが合コンの上位互換として支持を集めています。

      参考記事

      あわせて読みたい
      街コンと合コンの違い|費用対効果だけでは比較できないそれぞれの優劣
      街コンと合コンの違い|費用対効果だけでは比較できないそれぞれの優劣社員の皆さま、ご苦労様です。街コンCEO(@machicon_ceo)です。 現代版街コンの代名詞ともいえる「1店舗型」の街コンが広く浸透している昨今ですが、それと引き...

      相席居酒屋も街コンと同じでは?

      画像

      「事前のやり取りなしで出会える」という点で言えば、相席居酒屋や出会い喫茶などと呼ばれるジャンルもこれに分類されます。

      ただ、相席居酒屋が世の中に出始めた時は注目されましたが、その後はいかがでしょうか?

      数多くの店舗が閉店に追いやられています。これには原因が隠されていたのです。

      女性参加者のただ飯・飲み問題

      相席居酒屋は女性が無料であることが知られています。

       

      当然ですが、お腹を空かせた女性、1軒目の飲み屋として使う女性がこぞって入店してきます。

      こういった女性たちとその後に発展することは可能ですか?

       

      男たるもの出会いがある以上、言い訳はできないと思いたいところですが、無理して難易度を上げる必要がありますか?という話です。

      飛び入り入店が多い

      出会いへのモチベーションの差の部分です。

       

      街コンと言えば事前申し込みが必要となります。

      簡易な会員登録を行ったのちに、クレジットカードであったり銀行振り込みで決済を行い、参加に少しの手間がかかります。

      そして、当日を迎え、服装やメイクを悩んだりしながら期待と不安を抱えながら参加します。

       

      これと引き換え、相席居酒屋はどうでしょうか?

      事前準備をしてくるようなお店ですか?当日にノリで行ってみようかとなるお店です。

       

      この時点で女性の出会いに対する意識レベルが格段に違いますし、参加者の質も変わってきます。

      ただしキャバクラとして考えると秀逸

      相席屋の良いところは『素人キャバクラ』であるところです。

       

      相席屋の料金体系は時間制で、1時間あたり約3,000円超のコストがかかります。

      自動延長システムとなっているので、料金は天井知らず。

       

      1時間程度で女性を外に連れ出すことが出来れば勝ちと考えても良いでしょう。

      あなたにった1時間で連れ出すテクニックがあればの話です。

       

      女性が席に着けば話すことが出来ますし、相手も仕事でやっているわけではないので、連れ出すことも可能となります。

      100%発展のないキャバクラと比較するとその後の展開に夢が見れます。

       

      そう考えるとキャバクラに行かず、相席居酒屋へ行く方が良いでしょう。

      街コンCEOのレポ・ブログ
      パブスタは出会えない!男女比崩壊でお持ち帰りは夢のまた夢だった
      パブスタは出会えない!男女比崩壊でお持ち帰りは夢のまた夢だったCEO 社員の皆さま、ご苦労様です。街コンCEO(@machicon_ceo)です。 今回は、少し話題性が落ち着いてきた”パブスタ”を取り上げたいと思います!   新たな出会い(ナンパ...

      街コン・恋活パーティーのデメリット、懸念材料

      画像

      1、参加費用が高い(男性)

      街コン・恋活パーティーで思いつく最大のデメリットはこれ。

      参加費用が大体、6,000~8,000円ほどかかります。

       

      これを見て「安い!」と思う人はほとんどいないかと思います。

      出会いコストという点で計算をすると、

      10人程と出会えると仮定して、一人あたりの出会いコストは、「800円/人」となります。

       

      これを高いと取るか安いと取るかは、街コン後の結果次第。

      参加する以前に「高い」と切り捨ててしまうのであれば、無理に参加する必要はありません。

      あわせて読みたい
      街コンにおける男の参加料金が高いのはむしろプラス要因
      街コンにおける男の参加料金が高いのはむしろプラス要因男の街コン参加費用って高くね?この記事にたどり着いたということは、「街コンの参加料金」に不満を感じてはいるのではないでしょうか。 いい女性と出会えるかも...

      2、可愛い・美人は2割

      これが現実ではないでしょうか。

      美人が勢ぞろいという状況を想定して参加する人はいないと思いますが、現実的な数字はこれぐらいでしょう。

       

      可愛い・美人が2割。普通レベルが6割。残りが2割と言った感じです。

       

      普通レベルでも話しているうちに可愛く見えたりノリが良かったりすると可愛く見えてしまうマジックもありますので惑わされないように注意しましょう。

      3、外見主義

      男女の出会いにはつきものですが、『外見』の要素はとても大事です。

       

      なぜなら、女性も多数いるように男性も多数いることを忘れてはいけません。

       

      1テーブル20~30分ほどの所要時間の中で相手に印象を残すのは中々難しいのが現実です。

      そうもなると、第一印象を良くすることは最優先となります。

       

      その上でトークスキルや振舞いという点で加点を狙っていくようになります。

      自分が良いと思う女性は参加男性みんなも良いと思っていることをお忘れなく。

       

      ≫≫街コンCEOが利用する街コンサイトはこちらから

      恋活人口は年々参加者が増えている

      街コンがもつメリットに気付いている人が多いのかは分かりませんが、年々街コン・恋活パーティーへ参加する男女が増えています。

      その証拠に全国で開催されているイベント数が増加している他、街コン最大手の街コンジャパンへの登録数も2018年11月の段階で150万人を突破しています。

      画像

      また、街コンジャパン主催の大型イベント『LOVE FES』は初年度こそ都市圏のみの開催でしたが、2018年6月の段階で日にちによってですが、全国20~35のエリアで開催されるまでになりました。

       

      秋田や長野や山口や岡山や佐賀と言った少しマイナーな県(すみません)でも開催されているから驚きです。

      コロナショックの影響で一時的に開催数が落ち込んだものの、オンライン街コンに舵を切るなどして、その危機を乗り切りました。

      大事なのは街コンを実際に体験すること

      画像

      完全無欠な出会いではない、でも参加することでメリットを享受できる。

      これが、全国の街コンに46回参加している私が考える街コンです。

       

      こんな子と遊びました

      ★6看護師

      画像

      ★5レストラン店員

      画像

      ★4フリーター

      画像

       

      この記事にたどり着いたあなたは、恐らく街コンに参加したことがないか1、2回の参加経験ではないでしょうか?

       

      狂ったように毎週行けとは思いませんが、参加経験を積むことで確実に成果に結びつきます。

      私自身、毎回望む結果が出るわけではありません。

       

      せっかく参加したのにハズレだったと思うこともあります。

      ただ、即日お持ち帰りをしたり、連絡を取り合った女性すべてと後日アポに結びついたり、実際に彼女を作ったりと実際に結果が出ることもあります。

       

      私自身、実体験があるからこそオススメします。

      もし週末に都合がつくようであれば、一度参加してみてはいかがでしょうか?

       

      出会いを探して参加する女性たちが多数いるからこそ、街コンが開催されています。

       

      \お近くの街コン情報はこちら/

      詳細・日程を確認する
      – 150万人が利用!街コンジャパン –

      この記事が気に入ったら
      フォローしてね!

      【女子禁制】街コンCEOの軌跡

      この記事を書いた人

      街コンを愛し、街コンに愛された男。
      現在の参加回数46回(23県)

      コメント

      コメントする

      目次
      閉じる