街コンは合コンの上位互換?徹底比較して分かった違いとメリット

社員の皆様、ご苦労様です。

街コンCEOです。

 

現代版街コンともいえる1店舗型の街コンが広く浸透している今、同じアナログの出会いとして縮小傾向にあるのが”合コン”です。

 

ひと昔前では、

窓際社員

窓際社員
合コンしようぜ!セッティングしてくれよ!

と言ったことを口癖のように言っていた男も女も街コンへと流れるようになってから、あまり身近で聞かなくなったと思いませんか?

 

それは、街コンが合コンの上位互換であるという認識が広まったためであるということが挙げられます。

 

街コンを愛する私にとっては、街コン参加者が増えるのは嬉しい限りですが、本当に街コンは合コンの上位互換と言えるのか?

という疑問を抱きます。

 

なぜなら、街コンよりも古くからあり、出会いのド定番ともいえる”合コン”がそんな簡単に成り下がるとは思えないからです。

 

そこで、今回は【街コン】と【合コン】を項目別に比較し、それぞれがもつ強み・メリットを解説していこうと思います!

項目別|街コンと合コンの違いを比較

参加にあたっての負担

街コン⇒ 参加費用を事前に支払って開催店舗にいくだけでOK

合コン⇒ 男女それぞれが幹事主導で人を集める必要がある

出会いを求めて行動しよう!

と思ったときに、面倒なステップを踏まなくてはいけないと考えるだけでそもそも嫌になりますよね。

 

人を集めるという面倒な作業を運営業者が行う為、参加費用を支払うだけで出会いの場が提供されるという点においては、圧倒的に”街コン”と言えるでしょう。

 

また、合コンについては、人数調整が1:1が必須です。

経験があるかもしれませんが、一人でもズレると、かなり萎えます。

 

街コンにおいては、男女比の発生はもはや許容範囲とされている部分があります。

これは、1テーブル20~30分程度の会話で席替をしてくため、さほど影響しないと考えられています。

参加者

街コン⇒ 知らない人と出会える(知り合いがいる場合もあるが)

合コン⇒ 幹事のつながりの範囲内

これについては、それぞれ良い点、悪い点が考えられるものの、基本的には”知らない”人と出会う方が何かと楽ですよね。

 

男女それぞれの幹事の繋がりで招集される合コンの参加者は、狭めの範囲の人間関係と言えます。

 

また、幹事のメンツを潰すわけにもいかないので、”遊び目的”でアプローチをかけるという訳にはなかなかいきません。

 

この辺りは、”良識ある大人の出会い”と言っても良いかもしれません。

 

比べて、街コンはすべてが知らない人同士の集まり。(知り合いにも会うことがありますが)

 

幹事に気を使わずに自由にアプローチをかけられるという点においては、楽です。

 

誰かに気を使う時点で金を払ってまで参加すべきか?と私は思います。

時間

街コン⇒ 複数の席替により多くの人と話せるが、一組あたりの時間は少ない

合コン⇒ 最初から少数と決められるものの、参加メンバーで時間いっぱい話せる

所要時間はどちらも2時間程度。

 

合コンの場合は、1点集中。グループ内で話をいかに盛り上げ、仲を深めていけるかというのがポイント。

 

街コンの場合は、1テーブル当たりの時間は少ないものの、出会いの数が多いため、第一印象勝負となり、各テーブルでいかに少ない時間で好印象を与えられるかがポイント。

 

相手の異性が”当たり”と考えた場合、合コンの方が長く会話ができる分、満足度は上がるものの、

”ハズレ”の場合は、席替がないため、苦痛な時間を2時間ほど過ごさなくてはいけない状況に。

 

こればかりは『運任せ』なので、なんとも言えないですが、当たりを引いた時の合コンは、満足度が高くなると言えます。

費用

街コン 6,000~8,000円
合コン 4,000円ほど(+2,000円)

※合コンの場合、女性の会計を多めに負担する場合、+2,000円ほどかかる

 

単純に参加費用を出会える人数で考えると、街コンに分があるのは明らかです。

 

合コンが2、3人に対し、街コンは8~10人と出会えることを考えると、数ではなく、満足度という指標で考えなければ、合コンの方が圧倒的に不利となってしまいます。

 

先ほどの【時間】の項目でも出てきた通り、”当たり”を引くことが出来れば、合コンの費用対効果も上がると言っていいでしょう。

合コンが街コンよりも”劣っている点”まとめ

①開催までの面倒臭さ

街コン ただ参加すれば良い
合コン 自力(幹事)に頼る

自分が動くか人が動くかのという点で比較すれば、だれもが他人任せの方が良いです。

 

当然、それを仕事としている街コン業者が、この手間を担っているので、街コン参加費用の中に含まれていると考えましょう。

②幹事に気を使う

街コン 幹事不要の為、気を使う必要なし
合コン 幹事あっての開催の為、気を使う必要あり

合コンを開催する以上、”幹事”というポジションが自動的に作り上げられてしまうところに、利害関係が生まれてしまいます。

 

例え、仲の良い友達が幹事の場合でも、傍若無人な振る舞いをしていいわけではありません。グループ内の秩序を保ちつつ行動しなくては、友達を失う危険性も伴います。

 

その点も民間業者が幹事となる街コンは、一切気を使必要がありません。

③一人当たりの出会いコスト

街コン 600~800円
合コン 1,300~2,000円

参加(支出)費用÷出会いの数の金額となります。

当然ですが、出会える数が多い街コンに分があるのが分かります。

 

必然的に支出が多くなるほど”期待値”が高くなるので、その投資に見合わないとなると、満足度は下がるでしょう。

④ハズレの場合の逃げ道がない

街コン 席替3~4回
合コン 席替があっても1回

これは、あくまで参加した合コンがハズレの場合を想定したものです。

 

見事にブス揃いの場合、すぐに帰りたいのが人間の性です。

 

また、外見は良くても話すうちに内面がクソという場合もあるでしょう。

 

基本的に席替がない合コンは、所要時間内はすべて同じメンバーで会話を展開しなくてはなりません。

 

街コンのように強制的に席替が行われる場合は、その20~30分の時間を耐え抜けばいいものの、見事に”ハズレ”の場合は、地獄の時間を過ごさなくてはいけません。

合コンが街コンよりも”優れている点”まとめ

会話時間

街コン 20~30分/1テーブル
合コン 2時間

合コンは目の前にいる”一組”しかいないため、時間が許す限り丸々話すことが出来ます。

 

気に入った相手と長い間話せるというのは街コンにはないメリットであり、強みと言えます。

 

ほぼ第一印象勝負の街コンと比べ、合コンの場合は長い時間をかけて印象を作れるため、得られる情報、与える情報の量で街コンを凌駕することが出来ます。

 

第一印象で与えるイメージに対して、『逆転の余地がある』のが合コンとなります。

参加者の信頼性

街コン 知らない人が集まる
合コン 幹事の知り合いの範囲内

男の場合は、あまり相手の素性をそこまで気にすることはないと思いますが、女性は犯罪に巻き込まれるリスクなどを男性以上に考えているため、警戒心が強くなります。

 

合コンであれば、幹事の知り合いの範囲内の人間となり、幹事のメンツもあるので、滅多やたらなことはしないであろう。という安心感は街コンよりも強くなります。

 

街コンの場合は、少ない時間の中で相手に”安心感”を与えるように努めなくてはいけないのでそもそものスタートラインは合コンの出会いの方が有利となります。

二次会への誘導のしやすさ

こちらは、圧倒的に『合コン』に分があります。

 

先ほども述べた通り、会話時間が短い街コンでは、相手の警戒心を解けるまでの時間としては短いからです。

 

二次会の性質を考えたらわかるのですが、

『もう一緒に話をしたい(話をしても良いかな)』と感じることが前提となるため、合コンのように長時間、話が出来た方が関係作りにおいては深くなれます。

その後のデートへの発展可能性

これも圧倒的に『合コン』と言えます。

 

街コンの場合は、多くの人数と出会えるメリットがある反面、相手も多くの人数と出会っていることを忘れてはいけません。

 

ライバルが多数いる中で、相手に好印象を与えなくてはデートはおろかLINEへと発展することも難しいのが街コンです。

 

その点、合コンの場合は、少人数で行われ、長時間の会話の中から関係を築きやすいため、手ごたえを感じた子をデートに誘いやすいという点が挙げられます。

合コンがもつデメリットはセッティングサービスの利用で解消できる

合コンがもつデメリットと言えば、『開催前』にあるものが多いです。

 

開催へのハードルが意外と高いが故に、開催されないのであれば、貴重な出会いの機会が失われてしまいます。

 

また、『開催中』という観点も一緒で”幹事”の存在一つで振る舞い方が変わり、行動が制限されてしまうのでは、せっかくの出会いも発展に繋がらない恐れがあります。

セッティングの面倒臭さ

合コンのセッティングサービスの最大の売りは『セッティング』を代行してくれるというもの。

 

こちらは、良さそうな相手を一覧から見つけて申込を行うだけ。

 

それが相手から了承されれば、あとは日程調整だけとなります。

店選び不要

店選びもかなりのストレスを感じますが、これもセッティングサービスが行ってくれます。

 

自分で選んだ店が不評の場合、開始早々『マイナススタート』となりますが、これを代行してくれるおかげで、店の不満は自分にやってこないというのはかなりのメリットとなります。

幹事に気を使わなくてよい

これが”核心”でしょう。

幹事不要の合コンともなれば、あなたは自由に振舞えます。

 

もちろん、最初からお持ち帰りを狙ってアプローチをかけても良し。

二次会も自分のタイミングで切り出せるので、ベストなタイミングで次の店へと誘導が出来てしまいます。

 

無駄な”しがらみ”がない合コンは最強です。

気になる値段について

人数 男性 女性
合コン(2:2) 3,500-(税別) 0円
サシ飲み(1:1) 3,500-(税別) 0円

※その他の費用は当日の飲食代以外一切なし

 

上の料金は、最大手である『Rush』から抜粋したものです。

もちろん、セッティングが完了しなければ費用は掛からないので、それまでは無料で利用することが可能です。

 

 

CEO

CEO
すぐに試したいという方は、以下に大手2社を記載いたします
冴子

冴子
どんな人が利用しているのかを見てみるのが良いわね。そこまでは無料だし!

合コンセッティングサービス大手2社

Rush
合コンセッティングサービスNo.1の実績。セッティングが完了するまでは【完全無料】で使えます。”サシ飲み”サービスもあるので、1:1の出会いも期待できます。

Rushの詳細をみる

コンパde恋プラン
こちらも老舗で、Rushと同様に無料で利用が出来、合コンが成立するまで費用は掛かりません。合コンパーティーや街コンも開催しているので、そちらもチェックしてみましょう!

コンパde恋プランの詳細をみる

街コンポータルサイト大手2社

街コンジャパン
利用者150万人の巨大街コン情報サイト。ほとんどの運営業者のイベントが『街コンジャパン』で検索可能です。アニメコンや水族館コンなどの趣味コンにも注目です!

イベントの検索・詳細・申込

ルーターズ
街コンに初めて”一人参加限定”イベントを導入した業者。イベントは街コンジャパンにも掲載があるものの、公式サイトから申し込むことで通常よりも【500円】安く参加できます!

イベントの検索・詳細・申込

 

街コンへ参加しよう!

一度に8~10人と出会えるのが街コン。

家と職場の往復で出会いがないという人にオススメです!

出会いは行動することで生まれます。

 

170万人動員!「公式」街コンジャパンへ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

合コン最大の手間”セッティング”はアプリで幹事不要の人任せが可能!

合コンでお持ち帰りをされる女の心理とは一体何か?