街コンは一人参加することで結果にコミットできる

社員の皆様、ご苦労様です。

街コンCEOです。

 

街コンは参加するだけがゴールではありません。

街コンに参加をし、結果を出すことがゴールです。

 

果たしてその”結果”というものは、一体どのようなことでしょうか?

 

街コン戦略室では、以下の二つと定義づけます。

  1. 彼女を作る
  2. セフレを作る

結果にコミットする

と考えたときに、上記の二つ以外の答えはあるでしょうか?

 

今回、解説する内容は「街コンで結果を残す」ためには一人参加が良いというお話をします。

街コンへ一人参加すると結果が出るのなぜか?

実際に結果を出しているという事実

私、CEOは参加した街コンすべてのレポートをブログで公開しています。

 

当日のお持ち帰り話から撃沈した話まで、、、

 

街コンに参加した全29回(2018年12月時点)のうち、26回は一人参加をしています。

⇒CEOの街コンレポを見る

 

ちなみに、以下の図が戦績となります。

失敗・成功の要因はすべて自分にある

ペア参加の場合、一緒に参加する友人・知人によって出来が左右します。

いわば、不可抗力ともいえる要素が発生する可能性があります。

 

心強い仲間がいる方が話が盛り上がることは確かです。

ただ、友人と言うのは本人を判断するうえで大事な判断要素となっていることに目を背くことは出来ません。

 

魅力に溢れ、女性にモテる友達を連れて行くのがベストですが、そうそういるとは限りません。

さらに、いたとしてもその友人にすべて持っていかれるというリスクもあるでしょう。

逆に、非モテの友人を連れていったときには、こちらもマイナス評価を下されてしまいます。

 

このように友人という外的要因によって左右されるぐらいであれば、街コンへは一人参加をした方が良い。

というのが、私が出した結論です。

街コン一人参加のマイナス点

二人参加の男性とペア組される可能性がある

街コンへ一人参加をした場合、通常は、同じく一人参加をしている男性とペアを組むことになります。

 

ただ、これには例外があり、参加人数の兼ね合いなどから、二人参加者のペアに組み込まれることがあります。

 

こうなった場合、最初はアウェーな状況となることは間違いありません。

 

話をしていくうちに徐々に打ち解けていきますが、二人が相手となると多少は時間がかかります。

 

とは言え、CEOもこのような状況を幾度も経験していますが、大体は最初のテーブルの時点で打ち解けることが出来るケースがほとんどです。

 

仲良くしないことへのメリットは双方ないので、安心しましょう。

二次会を誘いづらい

街コンへ一人参加するうえで、とてもマイナスと感じたことはコレです。

 

二次会に誘う上で、頭数を揃えることは絶対条件とも言えますが、

女性は男性よりもペア参加者の割合が多いです。

 

このため、一番可愛いあの子と二次会に行きたい!

と思っていたとしても、誘うことが出来なくなります。

 

もちろん、その日ペアになった男性と一緒に誘っても良いとは思いますが、そこは気の知れた友人の方がやりやすいのは明らかでしょう。

街コンへ一人参加している女性は”狙い目”

街コンに参加する女性は様々な思惑を持っているケースがあります。

  • 友人の付き添い
  • 本気で彼氏を探している
  • 安い参加料金でご飯・お酒を楽しむ
  • 友達作り

ざっと考えて思いつくだけでもこれぐらいはあります。

 

男性とは違い、女性参加者が参加料金が安いため、街コンへ参加し、男性との良い出会いがなくても十分に元が取れてしまいます。

 

このため、参加に対する熱量は圧倒的に男性の方が高いと言えます。

 

こんな状況だからこそ、一人で参加している女性は出会いへのモチベーションは非常に高いと捉えることが出来ます。

街コン一人参加女性との胸熱体験談

11月に参加した街コンでの話です。

街コンが終了し、帰宅の途についていたCEO。

 

街コン終了後に知り合った女性にLINEをするのはセオリーですが、ここから急展開が生まれます。

 

相手は既に帰宅していたにも関わらず、車で会いに来てくれるという展開に・・・

 

手ぶらで帰るはずだった街コンに急遽二次会が訪れたのでした。

もちろん、その後の展開もスピード感あふれるものであったことは言うまでもありません。

 

待ち合わせの動画をご覧ください。


この時のレポをご覧になる方は、以下の記事からどうぞ。

⇒更新不可能!?最速伝説が生まれた夜|街コンレポ⑥

一人参加ではなく”一人参加限定”街コンがベスト

これまで街コンへ一人参加をするうえでのプラスな要素とマイナスの要素を解説してきました。

ひとえに「街コン・一人参加」と言っても、二通りのイベントがあることをご存知でしょうか?

  • 一人参加「可」

  • 一人参加「限定」

同じように見えて大きな差があります。

 

街コン参加者全員が「一人参加者」であれば、参加することにためらうことは一切ないでしょう。

 

そんな街コン・一人参加者の味方ともいえる運営業者もあるので、ご紹介しておきます。

”一人参加限定”の街コン運営業者がこの世にあった… その名も『ルーターズ』 自由な社風から繰り出される強みは何といっ...

 

⇒ルーターズで一人参加限定街コンを探す

 

街コンへ参加しよう!

一度に8~10人と出会えるのが街コン。

家と職場の往復で出会いがないという人にオススメです!

出会いは行動することで生まれます。

 

150万人が利用する街コンサイトへ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

街コン後に行われる運営主催の二次会には参加すべき?

街コンジャパンの現在と未来をリンクバルのIR情報から紐解く

サクラより悪質!街コンに潜むアムウェイ、ネットワークビジネス系女の特徴

街コンからお持ち帰りされてもOKな男の特徴8選!

街コンは見た目勝負?避けられない事実なのでその重要性を解説

街コンの感想を全29回分のレポートとともに振り返る