毎日更新|街コンジャパンクーポン情報

結婚相談所は婚活の”売れ残り勢”が集まる最後の砦

結婚相談所は婚活の”売れ残り勢”が集まる最後の砦
秘書 秘書
社員の皆様、こんにちは。今回は、ひと昔前の婚活の代名詞「結婚相談所」についてお話します!

 

結婚をしたい人が結婚相談所を利用する。

もちろん、そういう目的の場所ですから、自由に使って構わないわけなんですが、それをしっかりと利用する前に一度立ち止まって考えてほしい場所でもあります。

 

というのも、結婚相談所って結局『最後の砦』なんですよね。

 

もしあなたが最後の砦に手をかけなければいけないほど、自他ともに認める『ガッツリ売れ残り』女子でない限り、まだまだそこに行くのは早いですって。

目次

あなたがどう思おうと世間はそう思っている

画像

何をどう思っているんだかって感じですが、これがしっくりきます。

つまり、世間は『結婚相談所は売れ残りの終着駅』と思っている、もしくは『もう結婚相談所に頼らないとアウトな女子が集まる最後の砦』だと思われているということ。

 

あなたがいかに、そんなひどくないはずと思っていても、結婚相談所がそんなふうに言ってなくても。

世間はそう思っているんです、はい。

結婚相談所、そこに集まる男性ってどういう人?

世間が『売れ残りの墓場』だと思っている結婚相談所。

となれば、そこに集まってくる男性はとうぜん『そういう人でもいい』もしくは『そういう人なら結婚できるかもしれない』という男性になるのもまた真実です。

結婚相談所に集まる男性『諦めかけている人』

まず前提として、結婚相談所に集まる男性は、『諦めかけている人』です。

 

ここが女子と大きく違うところで、女子の場合は『なんとか結婚したい人』であるのに対し、男性は『結婚できないと思うけどとりあえず』という人が多いんですよね。

 

一番の理由は、男性の場合結婚できる年齢の上限が高いという事実。

たとえば、崖っぷち女子と同じ年齢の男性にとって、崖っぷちはもう10年も20年も先だったりするわけなんですね。

 

そう、つまり男性には、それなりに余裕があるんです、結婚に対して。

結婚相談所に集まる男性『年齢で諦めかけている人』

とはいえ、諦めかけているといってもその内容は様々です。

その中でも、結婚相談所におおいのは、年齢的に諦めかけているひとだったりします。そしてその年齢層は、女子が思っているよりもずいぶん高め。

 

ちなみにゼクシィの縁結びカウンター(比較的若い人が使う)で見る41歳~45歳までの女性の割合は7%、46歳以上の女性は全体の0%。

 

対して男性は41歳~45歳が19%、46歳以上のひとはでも14%もいるんですよ。

結婚相談所に集まる男性『金銭的に諦めかけている人』

社会的に評価の高い結婚の条件といえば、やはり経済力。

しかし、結婚相談所には経済的に結婚を諦めかけている人もたくさん存在していて「万が一お金がなくても結婚していいか、と思う人がいないかな?」というテンションで網を張っています。

 

もちろん、そういうひとでもいいならいいのですが、最初からそこを目指すひとはいませんよね。

結婚相談所に集まる男性『魅力的に諦めている人』

そして、きっと一番多いのはこういうタイプかも知れません。

それは「自分みたいに魅力がない(ブサイク・コミュ障・デブ・ハゲ等々)人間が結婚できるとは思えないけど、もしかしたら……」というひとですね。

 

こういうひとは、何が困るかというと、自分に自信がないから卑屈なんです

 

デブでもハゲでもブサイクでも自分に自身のあるひとは、それなりに魅力もあるんですけどね、わたしデブもハゲもいける口ですし。

結婚相談所に集まる男性『やる気のない人』

え?結婚したい人が来るんじゃないの?と思ったあなた、甘いですよ。

男性にとって結婚相談所って「自分で結婚相手を探すのが面倒で仕方ない!」という人もたくさん登録しているものなんです。

 

つまり、結婚願望が薄いから結婚相談所というタイプ。

 

こういうタイプは結婚相談所に登録しておきながら条件が良くないとOKしなかったりしますし、万が一上手くいっても自分の結婚ですら前向きでない男性と、結婚したいですか?

 

結婚チャンステスト(無料)


画像

画像結婚力診断は無料で出来るので、気軽にやってみましょう。

私もやってましたが中々的を得ていました(笑)

だったら婚活パーティーや街コンのほうがいい

結局、結婚相談所に集まる男性ってこう思っているんです。

「売れ残りなんだから俺らで我慢しろよ」と。

 

ね、つまり女子的には「こんな売れ残りですいません。誰でもいいから結婚してください」というスタンスだと思われているんです。

もちろんそういうスタンスでいるなら止めませんが、そうではないなら。

 

私は婚活パーティーや街コンを勧めますね。

婚活パーティー、街コンが婚活に最適な理由

ま、婚活パーティーに関しては当たり前ですよね。

ただ街コンだってそこから恋愛に発展して結婚ということは普通にありますし、何より街コンや婚活パーティーは売れ残り感はないんですよね。

街コンや婚活パーティーに出る女性は売れ残りイメージがない

これが重要なんですよ。

じゃぁ世間は街コンや婚活パーティーに出ているひとにどんな感情を抱いているかといえば、それは『出会いがない』人たちというイメージなんですよね。

 

つまり、スペックが低かったり売れ残っているというのではなく、忙しい人のイメージ。

 

特に婚活パーティーは、今まで結婚や恋愛に対して積極的ではなかったため、出会いの場というのを自分で作るのが苦手な人ってイメージです。

それって、女子的にはむしろプラスイメージです。

街コンや婚活パーティーに来る男性は”現役”

なにが現役かというと、女子に対する欲求とその体力と精神力が現役なんですよね。

つまり『諦めかけている人』ではなく『諦めていない人』もしくは『むしろ普通の人よりも積極的に行動する人』が多かったりします。

 

ですから、はっきり言ってこっちのほうが精神的なスペックはかなり高めです。

 

年齢的なものや経済力に関しても、街コンや婚活パーティーには『職業限定』や『年齢や経済力の足切り』が存在しますから、ものによってはレベルも高い。

そういう点でもかなり嬉しいですね。

あなたは結婚してもらいたい人ですか?

画像

結局大事なことはあなたが『結婚してもらいたい』かどうかなんです。

 

結婚相談所は、どちらかというと『とにかく誰でもいから結婚してください』スタンスだと思われているわけですから、そこにあるのはそういう自分の歳末大売り出し的なシチュエーション。

 

だったら、婚活パーティーや街コンで自分を高く売ったほうがいいはず。

 

諦め女子(男子)になるのはまだ早い『街コン・婚活パーティー』を参考に、新しい出会いを探してみるほうが絶対いですよ。

 

あわせて読みたい
街コンが無理ならどんな出会いも無理じゃない?って話をします
街コンが無理ならどんな出会いも無理じゃない?って話をします街コンで発展しないのであれば、ほかのどんな出会い方も無理 なぜなら、「多数の異性に確実に会える」というお膳立てがある上にコスパも良い出会い方が出来るのは...
あわせて読みたい
年収1000万円プレイヤーの実態と出会える婚活パーティーを調査
年収1000万円プレイヤーの実態と出会える婚活パーティーを調査社員の皆さま、ご苦労様です。街コンCEO(@machicon_ceo)です。 今回は珍しく「女性向け」の記事となりますが、男性にとっても有益となるコンテンツになりますの...

 

\業界トップクラス『o-net』/

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次