キャバクラで浪費するぐらいなら街コンへ行った方がまだ可能性あるよという話

CEO秘書

CEO秘書
社員の皆様、こんにちは。この記事は、『20代~30代前半でキャバクラへ行く男性』に向けた記事となります!

 

仕事のストレス発散…はたまた、キャバ嬢との”あわよくば”の一夜を期待して、ガチの彼女にしたい!と意気込んで…

 

キャバクラ通い。

 

きっと、夜な夜なそんな目的のためにキャバクラへ向かっている人も多いと思います、そして涙の撤退を余儀なくされているサラリーマンの方を街でよく見かけます。

 

そんな人達を見るたびに言いたい。

 

そう、そんな思いをするくらいなら、街コンに行くほうが絶対にいいですから!

街コンの参加費とキャバクラの値段はほぼ同じ!

まず、値段から比べてみたいのですが、街コンとキャバクラでは値段的にはほぼ同じと考えて間違いありません。

 

もちろんコレは街コンの中身にもよりますし、キャバクラの所在地やクラスにもよりますからざっくりとしたことしか言えませんが、ほとんど変わりません。

 

もしよければ、みなさんの通っているキャバクラの料金と街コンの参加費をこちら(https://machicon.jp/)で比べてみてください。

 

キャバクラへ行ったことがある方なら分かると思いますが、ほとんど変わりませんよね、実際。

根本的な違い|キャバ嬢は仕事、街コンは自主的参加

さて、ここからがポイントです。

 

値段がほとんど変わらないという前提で、”彼女にしたい”場合と”ワンチャン”を達成する場合において、街コンのほうが圧倒的に良いその理由をお教えしましょう。

キャバ嬢は仕事

まず大前提ですが、キャバ嬢があなたと会話をするのは”仕事”だからです。

 

また、労働の対価に得られる高額な報酬がもらえるからこそ、興味のない男に愛想を振りまいたり、ヨイショをしています。

 

また、あわよくば”ワンチャン”がある場合は、太客として捕まえておくためというのが目的です。

 

そのため、キャバ嬢は店外で会おうとすることはなく、良くて同伴かアフター。それも男性の奢りで成り立つもの。

 

ちなみに、”同伴”は、お店から女の子へのバックがあることをご存知ですか?

 

そんな彼女たちを仕事のフィールドからプライベートへ。

そして”一人の女”へと発展を遂げるには、お金も時間もかかるワケなのです。

 

この長期戦ともいえる戦いこそ、やりがいなのだ!という思う方はそれでいいかと思いますが。

街コン参加者は自主参加の素人

対して街コン参加者は、自主参加の素人。

 

はっきりいって、エッチまでの道のりを引き伸ばす必要なんてありませんし、むしろ向こうだって出会いを求めてきているんですから、変に焦らして相手がいなくなっては元も子もないわけです。

 

ですから、コレが女子の心に付け入る隙なのです。

 

もちろん、真面目な恋愛を求めている男性でも、同じことが言え、出会いを探す者同士が集まる場である為、真面目なアプローチをすればいいだけの話です。

 

もちろん、純粋に恋人探しに来ている人がほとんどですが、いい大人が出会いを求めてきているんですから、もちろんワンナイトを許容している女性だっているわけです。

 

そもそも、女性側としても、”いい男”と出会えば、ワンナイトぐらい良いやと思うものですし。

 

…といっても信じられませんか?

婚活パーティーという手もあり

街コン参加者のゲット率は低い。

 

そう思っているひとはきっと、素人さんとはそう簡単に付き合うのはおろか、”ワンナイト”は到底無理でしょう。

 

とは言え、疑問を持つのは当然ですし、参加者みんなが結果を出せるわけではありません。

 

また、遊び目的であれば、素人にこだわらず、風俗で確実に一発!という人もいるでしょう。

 

風俗で満足できるのであれば、街コンは勧めません。

 

ここで一つ、考えてみてください。

素人女子が出会いを求めるツールには婚活パーティーという手もあるのです。

 

結婚適齢期の20代半ば~アラサーぐらいの女性で、本気でちゃんと恋愛相手を探している人の多くは、結婚を視野に入れた婚活パーティーの方に参加しますから、むしろ軽い気持ちの女子が多いのが街コンなんです。

 

コレでも確率低いと思いますか?

一時費用は同じでも投資額に大きな差が出る

はじめに、キャバクラと街コンなら値段はそんなにかわらないと言いましたよね。

 

もちろんそれは真実なんですが、しかし一つ忘れているものがあるはずです。

そう、それは投資金額です。

キャバ嬢には事後投資がやばいくらいかかる。

確かにお店に行って出会うという時点までは、街コンと変わりません。

 

しかし、その後の展開に持ち込もうと思ったら、そこからの投資額は結構エグいことになりますよね?

 

もちろんあなたに、初日一発アフターからのお持ち帰りエッチができる技量があるならいいのですが、それってかなりハードルが高い。

 

ヘタをすると、常連になるほど通いつめ、同伴を繰り返し、やっとアフターで3回目にワンナイト。

 

これが達成出来たとしても、とんでもない出費を覚悟する必要があるはずです。

 

付き合うことを目的としても、通い詰めることは最低条件なうえ、プライベートで会うというところまで持ち込まないとスタートラインにも立てません。

街コン参加者は事後投資なんて無いに等しい

街コンに参加している街コン女子とのワンナイトは、それこそ当日が一番確率が高いのです。

 

つまり、参加費を払って街コンに参加すれば、後必要なのは居酒屋代とホテル代くらいなもので、基本的にそれ以外のお金はかからないと言って問題ありません。

 

しかも、相手は素人ですから、見栄を張って高級なお店に連れて行く必要もありませんし、普通に心安らぐチェーン系の居酒屋でもOK。

 

投資という言葉を使うのがもったいないほど、ワンナイトのお値段はお安くなります。

街コン女子は圧倒的に駆け引きが楽。

そして最後は『駆け引き』

コレはもう言うまでもなく街コン女子のほうが簡単です。

金銭的利益のあるエッチの相手でないといけない、キャバ嬢。

キャバ嬢にとってワンナイトの相手は、金銭的利益がないといけません。

 

エッチをすることがより儲けにつながると判断しない限り、ほとんどエッチをすることはないのですから、あなたには「金銭的な価値」を演出する必要があります。

 

実は、コレが結構難しい。

 

相手に危機感を感じさせながらも、エッチができるほどの親しさも醸し出し、お金は持ってるけれど、何らかの特別サービスがないと通う気をなくす程度にはお金が無いを表現する。

 

もう、考えただけで面倒、男性の皆さん本当にお疲れ様です。

街コン女子との駆け引きは、エッチを「したい」か「したくないか」のみ

対して街コン女子は、もう単純にエッチを「したい」「したくないか」それだけです。

 

それこそ、本当にワンナイトでいいやという気分のときは、イケメンかどうかお金を持っているかどうかなんてほとんど関係ありません。

 

それこそ、キスできる程度に整えられた顔で、ホテル代を割り勘って言い出さない程度に持っていれば問題なし。

 

あとは、清潔感とかトークスキルとかいろいろありますが、それは別にキャバ嬢を落とすときと何ら変わらないですよね、それはワンナイトを狙うなら相手が誰でもな、スキル。

 

ね、簡単でしょ?

 

街コン女子とのワンナイトは第2章があるかもしれない

そして街コン女子とのワンナイトをおすすめする理由にはもう一つあります。

 

それが、そのままエッチの相性が良ければ、次のエッチその次のエッチと続いていくこともあり得る、うまくいくと恋人になる可能性だって否定はできない、ということ。

 

一度体を許した女性は感情移入をしてしまうもの。

『付き合う』か『都合のいい女』で留めるかの決定権はあなたがもてるのです。

 

CEO秘書

CEO秘書
ワンナイトがエブリナイト。彼女にしても良い。男性にとっては、その選べる状況を作るのが一番ベストですね!

 

\街コンで彼女を探そう/

日程・詳細・申込『街コンジャパン』

街コンへ参加しよう!

一度に8~10人と出会えるのが街コン。

家と職場の往復で出会いがないという人にオススメです!

出会いは行動することで生まれます。

 

170万人動員!「公式」街コンジャパンへ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

モテない病がもたらすガツガツ心とモテる男の帝王学について解説

男磨きは女遊びの数に比例する!?出会いなしから量産へのススメ

社会人にもなって自然な出会いを求める男に彼女が出来ない理由

2度目のデートに応じる女性心理とそのモチベーションの真相とは

就活生ナンパ|サラリーマンが対女子大生相手に成功率が高い理由

女からきたザオラルラインは勝ち確?女性心理と実際のLINEを公開