毎日更新|街コンジャパンクーポン情報

U-25女子多めマッチングアプリ”with”の概要、利用料金、レポート

U-25女子多めマッチングアプリ”with”の概要、利用料金、レポート

社員の皆さま、ご苦労様です。

街コンCEO(@machicon_ceo)です。

 

『with』と言えばマッチングアプリ界のBIG3の一つ。(他二つは、ペアーズomiai

 

withについて調べるにあたり様々なWEB記事を読むと、『メンタリストのDaigo監修』ということをよく推されていますが、別にそれ自体に価値があるかと言われると謎です。

 

しかし、『広告』という点で言えば、広告塔として有名人を起用することは利用者を増やすうえで重要な戦略だとは思います。

 

そのおかげか分かりませんが、withの女性利用メイン層は、BIG3の『ペアーズ』、『omiai』よりも若く、20代前半~中盤というまさにゴールデンエイジの取り込みに成功しているアプリと言えるでしょう。

 

弊社としてもマッチングCOOの出会い主戦場として、withを使い実際に出会っている実績もあるので、オススメするという観点から記事にしています。

 

CEO CEO
デートレポから来てすぐに始めたい!という方は、3ヶ月プランでスタートすることをオススメします。
秘書 秘書
街コン1回分の参加料金と同じぐらいですね。

 

◆利用料金早見表◆

プラン with
1ヶ月 3,480円
3ヶ月 2,600円/月(一括7,800円)
6ヶ月 2,300円/月(一括13,800円)
12ヶ月 1,800円/月(一括21,600円)

※公式サイトで決済した価格です。アプリから決済をすると料金が上記のものよりも割高となります。

 

\U-25女子と出会う/

画像

目次

マッチングアプリ:with(ウィズ)の運営業者

画像

会社概要

会社名 ㈱イグニス/㈱アイビー
所在地 東京都渋谷区恵比寿1-19-19 恵比寿ビジネスタワー12F
届出の有無 東京都公安委員会認定番号:30150043000

違反勧告、業務是正命令の有無、事件について

こちらについての情報は特に見つかりませんでした。

以前に流行した出会い系サイトとは異なり、悪徳業者の取り締まりに対して力を入れているようです。

 

これは大手のマッチングアプリを運営する業者であれば徹底しているみたいです。

 

CEO CEO
マッチングアプリとしては後発組でありながら、プラットフォームは盤石ですね。

withの運営会社:イグニスが気になるので追加調査

画像

LIGに取り上げられる

➡イグニス取材記事:LIGより

潜入レポートを上げています。

 

まさに、『これぞIT企業』と言うような会社の雰囲気。

この環境で主事業のアプリ制作に取り組み、ヒット作品を連発しています。

中でも「ぼくとドラゴン」というスマホゲームがここ1年のトレンドみたいです。

資本金の潤沢さと株式について

CEOが最も驚いたのが、資本金の額です。

 

なんと15億円という金額。

IT企業でこれだけの資本金を集めるとは恐ろしいポテンシャルです。(増資もあると思いますが)

 

株式市場も東証マザーズに上場しており、まさに勝ち馬株と言われている優良株です。

 

そして、経営理念が『世界にインパクトをあたえなければ、気がすまない』

綺麗ごとや取ってつけたような言葉ではないですね。

 

IT業界の新たな革命児です。(かつてのlivedoorみたく)

IGNISの社内風景

画像

画像

画像

画像

会社概要②

資本金 15億円超(1,509,262,145円 ※2018年2月時点)
主事業 アプリ事業
最新ニュース <2018.3.6>総額72.4億円の資金調達を行う予定であることを発表しました。

∟52.4億円はVR空間上でライブを開催・視聴できる「INSPIX」に関する人材採用、スタジオ建設に使われる予定である。

イグニスの好調さがwith(ウィズ)の評判も引き上げていると言っても過言ではありません。

正直、今回の調査をするまでは、イグニスという企業についても知らなかったですし、withに対してもあまり期待をしていませんでした。

 

マッチングアプリは正直、露出勝負の世界なので、広告費をどれだけつぎ込めるかで、勝負が決まるといっても過言ではありません。

 

with(ウィズ)は歴史が浅いですが、運営企業の好調さが後押しし、世の中への露出が増え、認知度がここ数年でかなり高まりました。

 

Facebook系のマッチングサービスでは、今やペアーズと同等と言えるでしょう。

withはこんな方にオススメ

画像

25歳以下の女性が希望

withの一番の強みがこれでしょう。

競争ひしめくマッチングアプリの中で、いち早く若い層を取り込むために動いたのが「with」。

 

女性誌への掲載をはじめ、FaceBook広告でも宣伝ターゲットの年齢を20代前半~半ばに向けて積極的に展開。

 

その結果、25歳以下の女性登録者が増える要因となりました。

相性重視

メンタリストDaiGoが監修しているマッチングアプリということは、既に知られていることかと思います。

 

心理学や統計学に基づくイベントや、今話題のドラマや映画とコラボしたイベントを次々と打ち出し、飽きやすい女性心を掴むべく、日々奮闘しています。

 

常に会員が楽しめる仕掛けをしているマッチングアプリと言えるでしょう。

 

自分の好きなことや趣味などを選んで設定しておくと、自動的に共通点のある会員として紹介してもらえます。

 

ついつい「共通点5個」と表示されたりすると、気になって『いいね』をしてしまうのが人間の性です。

後は大体ほかのアプリと一緒

違いを探そうと頑張りましたが、ほかに目新しいものはありませんでしたw

とは言え、出会いツールは「出会う」ということが一番大事なので、機能を充実させたところで満足度が上がるかと言われると疑問が残ります。

 

結局は登録者数が一番大事で後は知名度でしょう。

 

その点は、withはどちらも満たすアプリと言えます。

withの利用料金

プラン with
1ヶ月 3,480円
3ヶ月 2,600円/月(一括7,800円)
6ヶ月 2,300円/月(一括13,800円)
12ヶ月 1,800円/月(一括21,600円)

※公式サイトで決済した価格です。アプリから決済をすると料金が上記のものよりも割高となります。

CEO CEO
街コン参加費用が6,000~8,000円と考えると、約3ヶ月の利用が出来ます。

 

マッチングアプリについて、よくよく調べてみると悪くないな…と思うことが多くありました。

 

愛用しまっくているCOOは常々、やり取りが面倒臭すぎる!!と言っていますがw

 

\U-25女子と出会う/

画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

目次