就活生ナンパ|サラリーマンが対女子大生相手に成功率が高い理由

社員の皆様、ご苦労様です。

街コンCEOです。

 

社会人でもナンパがしたい!

いや、

社会人だからこそナンパがしたい!

 

とうずいているそこのサラリーマンの方、必見です。

 

ナンパの代名詞と言えば、やはり、ストリートナンパ。

 

そこで、今回着目したのは華の女子大生。通称:JD

 

さらに就活中ということであれば成功率がグンと上がるのでその理由を解説していこうと思います。

 

※ちなみに、OB・OGの立場を利用するものではありません。

 

CEO

CEO
JDがセフレというだけで勝ち組と言えるのではないでしょうか?

就活中の女子大生がナンパに乗りやすい理由

メンタルの不安定さに漬け込むことが出来る

 

就活経験者にとって、就活の大変さは知っているかと思います。

 

数か月~長ければ1年に渡って何十社も企業を受けては落ち受けては落ち……を繰り返して、肉体的にも精神的にも疲れ果ててボロボロになったり、人格を否定されているようだなどと感じる人も多いのが就活。

 

 

さて、そんな風に落ち込んでいるところに颯爽と現れて、スマートな大人の男性であることを示しながら、就活中の女子大生を誘ってみたらどうなるでしょうか。

 

心が不安になっている時に女性はその不安な感情を誰かにシェアしたいと思うもの。

また、人間は疲れている時に判断力が鈍ります。

 

そんな時に声を掛けられれば、普段警戒心が強い女性でもなんとなく話をしてしまい、『お茶ぐらいならいいか』と誘いにのりやすくなります。

 

また就活を乗り越えた社会人なら、愚痴を聞いたり言い合ったりだけでなく、

「この時はこうやって乗り切ったな」などのプチアドバイスを掛けることも可能です。

 

このようなペースに持ち込めさえすれば、頼れる年上の男性というポジションを狙いやすくなります。

 

特に社会人になって数年過ぎた20代後半~30代半ばぐらいの男性は、このポジションを狙える可能性が大変高いのでオススメです。

 

何せ大学生から見れば「酸いも甘いも嚙み分けた頼れる大人」に見えるのですから。

サラリーマンは”社会人マジック”が武器になる

これは一種のマジックのようなものです。

 

例えば小学生の頃は中学生がとても大人のように感じませんでしたか?

でも実際に中学生になってみるとまだまだ子供で、今度は高校生が大人に見えてくる。

 

でも実際に高校生になってみると――といった風に、人というのは少し年上の世代・次のステップにいる場所に所属している人に対して、一種の憧れのようなものを抱きます。

 

それが実際はどうであれ、「きっと自分も未来はこうなるんだ」というフィルターがかかるためかっこよく見えるのです。

 

それと同様、大学生から見た社会人というのは「かっこいい大人」というフィルターがかかります。

 

特に実際に苦労している就活中の大学生から見れば、社会人というだけで就活の戦線を勝ち抜いたかっこいい大人という風に見られるのです。

 

先程20代半ば~30代入ったばかりの男性であれば頼れる年上男性のポジションを特に狙いやすいと話しましたが、それはこのフィルターが強く作用するからです。

 

もちろん、社会人1年目の新入社員であってもしっかりアドバイスすることによってこのポジションは狙えます。

 

そんな風に一種の憧れの対象として見られている時に、一緒にお茶をしながらアドバイスをしたりすれば「この人は頼りになる人だ」と思われやすくなります。

 

また、この後もアドバイスをしたいからという名目でLINEゲットできますし、次につなげやすくなります。

就活中は破局する大学生カップルが多い

大学3年生の中盤ともなると嫌でも迫ってくる就活。

卒業まで一気に就活が本格化するわけですが、この期間が一番大変な時期。

 

ここでお互いに支え合えるようなカップルなら問題ありませんが、どうしても就活中心の生活になるため恋人と会う時間が作りづらくなります。

 

また就活での交通費は基本的に学生の自腹。財布事情もかなり厳しいものになってくるため、一緒に遊んだりするお金が無い……なんてことも。

 

あるいはうまくいかなくてイライラしているのを恋人にぶつてしまったり、就活に対する考え方の違いからすれ違いが発生してそのまま別れ話に発展したり。

 

そういったことから破局する大学生カップルも少なくありません。

 

就活がうまくいかない、更に恋人と別れて落ち込んでメンタルが不安定になっている時こそ狙い目。

 

先程話した「社会人であるだけでかっこよく見えるフィルター」の効果が倍増します。

 

頼れる・かっこいい社会人としてJDに付け込みましょう。

就活生ナンパに適した場所や時間帯

企業のオフィスが集中しているような駅の付近で、説明会の終わる昼前か17頃から始めるのがベストなタイミングと言えるでしょう。

 

ある程度大きな企業であれば、交通の便の良い大きな駅の近く、あるいはそこからバス等に乗り換えていける距離にオフィスを構えていることが多いです。

 

自社で説明会を行わない、別の会場を借りて説明会をする企業もありますが、そういった場合もアクセスのよい大きな駅の付近で行います。

 

そのため就活時期になるとリクルートスーツに身を包んだ初々しい女子大生があちこち歩いているのを見かけると思います。

 

その中でも、特に目的も無さそうにあちこちダラダラ歩いていたり、表情が浮かない子がねらい目。

 

特に大きな駅には色々飲食店が入っていますし、お洒落なお店もたくさんありますからお店選びには迷いません。

 

もちろん話す話題は就活についてですが、お昼前であれば「ご飯食べながら」なんて口実も使いやすくなります。

 

また、説明会前の時間でもスタバなんかでスマホをいじりながら暇をつぶしている女子大生も狙い目です。

CEO

CEO
この時、間違ってもESを書いていたり勉強をしている子に声をかけるのはやめましょう。確実に白い目で見られます。

 

終わった後に暇を持て余している子と違って時間制限こそありますが、何より面接前であれば少しでもアドバイスや情報が欲しいもの。そういったアドバイス欲しさに話に乗ってくれやすくなります。

 

そうでなくても、暇つぶしにと話相手を求めていたりするものです。

 

とにかく憶することなく、話しかけていくことが大切と言えるでしょう。

それでもナンパが出来ない・・・という方におすすめな出会い

ナンパはメンタルスポーツと言っても過言ではありません。

 

精神をすり減らしても成功するかはわかりません。

 

もちろん成功した時の喜びは計り知れませんが、そううまくいくものではありません。

 

そんな時は、違う方法に頼るのも良いでしょう。

街コンもオススメしたいところですが、街コンにJDが来るとうことは滅多にありません。

街コンで狙うのであれば、『社会人男性×女子大生』のイベントでしょう。

 

 

また、アナログの出会いと一緒に並行利用するのであれば、『マッチングアプリ』もありです。

 

社員の皆様、ご苦労様です。 街コンCEOです。 以前、手軽に利用できる出会いツールとして、利用者も多い『マッチングアプリ』に...
社員の皆さま、ご苦労様です。 街コンCEOです。 マッチングアプリ「マリッシュ(marrish)」を知っていますか? ...
街コンへ参加しよう!

一度に8~10人と出会えるのが街コン。

家と職場の往復で出会いがないという人にオススメです!

出会いは行動することで生まれます。

 

150万人が利用する街コンサイトへ

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ワンチャン狙いの男の心理解説。ただのお猿さんではない実態に迫る!

それでも使う?出会いの馴れ初めがマッチングアプリと一生言えない件

【恋愛の絶対法則】女性の加点方式・男性の減点方式メカニズムを解説

2度目のデートに応じる女性心理とそのモチベーションの真相とは

デート後のLINEまだ自分から送ってるの?敗者思考を捨てるべき理由

スポーツバーに出会いを求めずして何をする?持ち帰りへの道のり解説