毎日更新|街コンジャパンクーポン情報

行政書士が最短距離でモテるための方法!街の法律家から街のモテ男へ

社員の皆さま、ご苦労様です。

街コンCEO(@machicon_ceo)です。

 

職業に絞ったモテ論を話すことは少ないですが、今回、自動車登録を専業とする行政書士事務所で勤務する友人から、このテーマで記事を書いてくれと依頼があったので着手しました。

 

この記事では、

  • 行政書士はモテるのか?
  • どうすればモテる男になれるか?
  • 行政書士の肩書きが生かせる出会いの場は何か?

このような疑問を解決する内容をお届けします。

是非とも最後まで読んで頂き、街の法律家ではなく街のモテ男に近づいてください。

 

この記事の信頼性

目次

【悲報】行政書士はモテない!

そもそも行政書士の職業知名度が低い

そもそも行政書士だからモテる/モテないという次元で語られる職業ではない

難関国家資格を合格しなければなれないのが行政書士ですが、世間の認知度は、その難易度の高さと比例しないのが何とも残念なところ。

有資格者であることはあくまで業務で行かせるものであり、出会いの場ではほとんど生かせないことを認識しておきましょう。

士業とは言え稼げるイメージがない

職業によるイメージのアドバンテージがない

これもたった今、お伝えした内容と被りますが、行政書士は世間的には知られていない職業。

そのため、職業に対するイメージアドバンテージはありません。

あくまで一般サラリーマンと同じ立ち位置となります。

行政書士がモテるための5つの方法(やるべきこと)

1. イメージ通りのままではダメ

士業のイメージ通りの堅物キャラでは話にならない

女性は真面目な男が好きなのは事実です。

但し堅物を求めているわけではありません。

 

女性を大事にする真面目さは必要ですが、ユーモアがあったり男らしい肉食な部分に女性は惹かれます

 

かと言っても無理があるキャラクター設定を推奨しているわけではありません。

自分の魅力をより高めるために、とにかく外に出てフットワークを軽くして新しいことにどんどんチャレンジしてください。

そこから得られる経験値は関らず対女性とのコミュニケーションに活かせます。

2. 見た目改善

職業関係なく見た目を少しでも良くする努力は必須

男も女も見た目の良さは最も重要なモテ要素です。

そんな外見を大きく変えることは出来ないですが、男の場合、髪型や服装を変えるだけでも雰囲気イケメンになることは可能です。

女性は男にその程度(決して高くない基準)しか求めていません。

出会いを制するためには、見た目を磨くという当たり前のことが出来て、初めてスタートラインに立つことが出来ます。

努力でどうにかなる領域なので、自分を良く見せる最大限の努力はしましょう。

参考記事

あわせて読みたい
【男の街コン勝負服】印象を”秒”で制するファッション術 社員の皆さま、ご苦労様です。 街コンCEO(@machicon_ceo)です。   『街コンは見た目で決まる』 当サイトで様々な恋愛ノウハウをドヤ顔で語ってきた私ですが、こ...

3. 出会いの場に繰り出る

行政書士試験の合格がゴールでないのと一緒で実戦経験を積むことしかモテる男に近づくことは出来ない

実践経験こそすべてです。

行政書士の業務を試験勉強と実務では全く異なった知識や経験が問われるかと思いますが、出会いにおいては特に座学がない分、経験が全て。

実践の場で失敗を繰り返し、そのたびに反省すべき点を見つけて改善することで成功体験を積むことが出来ます。

それが時間とともに磨かれていき、モテる男に近づきます。

4. 独立志向であることを語る(本音は別)

野心家はモテる男の象徴。例え独立意識がなくても相手にはそれぐらいの気持ちで仕事を取り組んでいることをアピールすべき。

仕事は熱く語る」のが定石です。

もちろん、実現不可能な大きすぎる野望を語るだけのは無能であることを証明してしまうので、少し先の未来を見据えて今の仕事と向き合っているという温度感で話をしましょう。

仕事に対して前向きな姿勢であることは大きなアピールポイントになります。

更に行政書士の資格を取ったという事実もあるので、自然と説得力が増します

少し盛ってでも仕事論を語る時はこのスタンスでいましょう。

5. 女性ストックを増やす

女性ストックが多いのは結果が出ている証明。その延長に意中の女性をGETするゴールがある

最後の要素は、本質に迫るものなので理解しがたい概念かもしれません。

しかし、これがモテる男になるための最短距離です。

 

出会いは結果が全て。

惜しいということはありません。

 

誰でも落とせるという自信がある男でしか意中の女性を落とすことは出来ません。

参考記事

あわせて読みたい
男磨きは女遊びの数に比例する!?出会いなしから量産へのススメ いつも彼女が途切れない男性、どこへ行ってもちやほやされる男性を見て、うらやましいと感じた経験はないでしょうか。   「たくさんの女性からモテるようになりた...

「職業:行政書士」だけでモテる出会いの場ランキング

3位:街コン

記憶に残るのが大事な場で「行政書士」はそれだけで記憶に残る

この記事の著者である私の主戦場であるので、本来1位に推したいところです。

しかし、行政書士だから何かメリットがあるか?と言われるとそんなことはありません。

 

出会いツールとしては有能な街コンは、行政書士という視点を除けば間違いなくNo.1です。

街コンについての記述は「街コン(恋活パーティー)とは?」の記事で詳しく解説しています。

一度に多数と出会えて気軽に参加できる街コンは、出会いの場に参加したことのない人でも参加ハードルが低いのでお試しの気持ちで参加してみてはいかがでしょうか。

2位:婚活パーティー

結婚を意識した場所で「行政書士」はそれだけでアドバンテージになる

あなたがアナログの出会いの場で最も輝けるのが婚活パーティーです。

街コンとは異なり、「1:1」で話が出来るものの、わずかな会話時間(数分)で次々に話をしていくスタイルの中では話した内容よりもパッと見たときの印象とプロフィール内容でしか判断材料がありません。

 

そんな状況で輝くのが行政書士の肩書きです。

婚活パーティーはカップリング制度があるので、最後に気になった相手に投票する上で他の人と迷った際の決め手となり得る十分な要素となります。

 

婚活パーティーに参加をするならば、東証プライム市場(旧:一部)に上場している(株)IBJが運営する「PARTY☆PARTY」がオススメです。

私自身もPARTY☆PARTYのイベントで発展した過去があります。

結婚を意識した出会いを求めるならば、街コンよりも婚活パーティーへ参加しましょう。

1位:マッチングアプリ

プロフィールが他と比べて埋もれない「職業:士業」の強さ   

今や5人に一人がマッチングアプリで出会う時代。

そんなマッチングアプリと相性が良いのが「士業」である行政書士です。

 

その理由は、マッチングアプリのように一瞬でアリ/ナシが判断されるツールの中では、少しでも目に留まるプロフィールが大事となります。

とは言え、奇をてらった内容であれば良いわけではありません。

 

女性は男とは違い、知らない異性と会うことに抵抗感を持っているので、職業で安心感をアピールできるのは大きなメリット。

次から次へとスワイプされていく中、あなたのプロフィールだけはしっかりと読まれます。

 

簡単には出会えませんが、写真やプロフィール内容をしっかりと選び添削していくことでマッチング率が上がり、出会える数も増えていくでしょう。

 

そんなマッチングアプリの中でも「Omiai」が私のオススメです。

月額課金制(約3,000円~)ですが、利用女性のプロフィールや顔写真を見るだけなら無料なのでまずは無料範囲で初めて見てください。

万が一、自分に合わないと感じたらその瞬間に退会すれば一切お金はかかりません。

ちなみに業界ツートップの「ペアーズ」や「Tinder」は既に士業で溢れかえっており、優位性を出すことは難しいのが辞めておきましょう。

 

ニッチな資格である行政書士を取ったあなたは、隙間を狙って活路を見出すことが出来る男です。

ライバル過多のアプリをあえて選ぶ必要はありません。

 

勝てる可能性がありながらも登録者数も多い(600万人:業界3位)アプリでどんどん出会ってください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次