毎日更新|街コンジャパンクーポン情報

ペアーズ女子はブスだらけ?気になるルックスを丸裸にしました

社員の皆さま、ご苦労様です。

街コンCEO(@machicon_ceo)です。

 

マッチングアプリの代名詞ともいえる「ペアーズ」

利用者数国内No.1の実績を誇るこのアプリについて、私は以前、「ペアーズは利用すべき」という内容の記事を執筆しました。

この理由については、記事をご覧になっていただきたいと思いますが、「数の論理」が大きな要因となっています。

早い話が、登録者が多ければ出会える可能性も高いという意味合いです。

 

そこで、今回は数ではなく「ペアーズの”質”」について言及したものとなります。

この記事でわかること

  1. ペアーズ利用女性の特徴、年齢層
  2. ペアーズ女子のルックスレベル・体型など外見に関わる要素
  3. 改めて使うべきなのか?

ペアーズの利用を検討している方は、この記事をご覧になってから決めても遅くはありません。

是非とも最後までご覧になってみてください。

 

補足

画像

この記事の執筆にあたり、ペアーズ有料会員(課金)として2年間(※途中放置していたので、実働:6ヶ月)使いました。

≫ペアーズを無料で始める(18歳以上)

目次

結論|ペアーズはブスだらけではなく「使っていそう女子」が多い

画像

ペアーズを利用する女性たちは決してブスばかりというわけではありません。

なんとも抽象的な表現ですが、「あ~アプリにいそうだな」と思う女性たちが多いです。

これを良い表現か悪い表現かで言うならば、「後者」ですが、この抽象的な表現について深堀りしてみます。

①日常で特に気にかけないレベル

ペアーズにいる女性たちの多くは、日常生活において男から特別注目を浴びる存在ではありません。

「美人・可愛い」女性であれば、私生活や会社組織において何かと一目置かれる存在ですが、ペアーズ女子は残念ながらそうではありません。

 

また、実際に話すことで印象がよくなる女性もいますが、プロフィール写真の時点でそれを感じることはできません。

そうなると、「あ~アプリやってそうだな」感が溢れてしまというわけです。

②そもそも美人の割合は少ないという事実

人間というのは、お金をかけることで「期待値」が勝手にあがる習性をもっています。

得をしたいというより損をしたくない気持ちのほうが強く働きます。

 

始めるにあたって決して高くないハードルを設定していたとしても、そもそもの原理原則である「美人・可愛い子は出会いを求めてなくても身近で完結する」ということを忘れてはいけません。

 

我々が探すべきなのは、ダイヤの原石であり、掘り出し物女子ということはしっかり把握しておきましょう。

③写真がすべて

画像

これは、残念ながらマッチングアプリの宿命。

数多く利用者がいる中で、いちいちプロフィール欄を読んで人間像を想像して…「この人どうかな?」といった面倒な思考プロセスは存在しません。

 

写真で「あり・なし」が判断される厳しい世界です。

 

①でも説明しましたが、実際にあって話している雰囲気で相手の印象が良くなるというステージまで到達しないのが現実です。

秘書のアイコン画像秘書
良くも悪くも写真(静止画)でしか判断できないということですね。
CEOのアイコン画像CEO
その通りだ。だからこそ通常のストライクゾーンよりも少し広めにボールを投げる(いいねをする)ことを心掛けよう。

ペアーズ女子にブスが多いとの評判について

画像

①そもそも分母が大きい

「大は小を兼ねる」という言葉がありますが、まさにその通り。

アマゾンのレビューや食べログの評価などと一緒で、有名店や売れ筋商品となるともなれば、「アンチやマイナス評価」も増えるのは当然だと割り切りましょう。

利用者が少ないマッチングアプリを使うよりもよっぽど安心なうえ、可愛い・美人と思う女性も多くいます。

②加工写真を使っていない

インスタのようなSNSとは異なり、アプリのプロフィール写真に加工写真を使っている人は多くありません。

もちろん、微妙な修正(小顔、肌の色・ツヤ)などは行っているとは思いますが、目に見えてわかる修正は施されていません。

”加工全盛期”のいま、加工に見慣れてしまっているせいか、このような自然に近い写真で可愛いと思えるような女性はなかなかいないのが現実です。

③年齢だけで既に減点

ペアーズを使うとすぐに気づくのですが、アラサー世代(28~32歳)が多く目につきます

エリアを「東京」で検索すれば、若い子も多くいますが、地方となるとそうはいきません。

 

これは個人差があると思いますが、私の理想は、

  • 25、26歳がベスト(それより下でも余裕でOK)

となるため、年齢に対してこだわりをもっていない人であれば、減点にはならないでしょう。

絶対法則|ペアーズのブスはマッチング率が高く、美人は低い

画像

上の写真はフリー画像ですが、このレベルの子がいたとしたらどうでしょう。

 

全力でマッチングしたくないですか?

 

残念ながらこのような美人とマッチングするのはほとんど無理と言っても過言ではありません。

男たちの「とりあえずいいね勢」がここぞとばかりに集中するため、いいね数が「1,000以上」は越えてきます。

画像

そんなライバルだらけの女神を狙うだけ、心も「いいね数」も消耗するだけです。

 

つまり、美人が多ければいいというわけではありません。

 

せっかくアプリを始めたのであれば、まずは「マッチング成立」を優先し、実際に会うというところまでこぎつけることがファーストステップです。

 

高望みをしても絶対に叶いません。

まずは理想の2段階ぐらいレベルを落とした相手とのマッチングに全力を注いでください。

 

これは、ペアーズに限らずマッチングアプリ全般にいえることです。

ペアーズのブスがもたらす3つのメリット

画像

①女性登録者の確保

アプリの運営側視点にたってみてください。

女性登録者が増えるためには、実際に使っている人が増えなくてはなりません。

質を高めるのは量が必要です。

ペアーズの今の地位を支えている層はこれからも増えていくように願いましょう。

②自身の被いいね数の向上

実はコレがポイントです。

 

マッチングアプリにおけるもらった「いいね数」はその人の信頼度に直結するものといえます。

 

「500いいねの人」と「5いいねの人」だったらどっちが安心感がありますか?

 

女性はとくに安心を求めるので、我々男側はこの「いいね数」を稼ぐためにもブスとのマッチングを戦略的に増やしながら、目に見える安心材料を増やすことでよりレベルの高い女性とのマッチングが待っています。

いわば裏技的な戦略です。

③メッセージスキルが上がる

マッチングアプリ以外でも重要なのが「メッセージスキル」です。

これは数を打つことで養われていく能力です。

 

最初からスムーズにキャッチボールができるとは限りませんし、相手との相性もあります。

この能力は、アプリ以外にも街コンや合コンで出会った相手とのやり取りにも応用できるので、実践の場としてペアーズで養っていくのは一石二鳥でしょう。

まとめ

  • ペアーズ女子はブスではなく、使っていそうレベル
  • 利用者が多いためにブス~美人までが多く存在する
  • 美人とのマッチングはそもそも厳しい
  • 実はブスが使うメリットも大いにある

数の論理から利用すべきであった「ペアーズ」でしたが、質の観点からでも利用に値するといっても良いでしょう。

私も実際にペアーズを使って初月から出会えた経験もあるので、オススメいたします。

利用料金

無料会員 有料会員
1ヶ月プラン 0円 4,100円
3ヶ月プラン 0円 2,560円/月
(一括7,680円)
6ヶ月プラン 0円 1,940円/月
(一括11,640円)
12ヶ月プラン 0円 1,430円/月
(一括17,160円)
メッセージ 2通目以降× 無制限

女性は「完全無料」です。

お試しに「3ヶ月プラン」で始めることをオススメします。

秘書のアイコン画像秘書
3ヶ月プランでも街コン1回分の参加費用とほぼ一緒です♪
CEOのアイコン画像CEO
街コンとアプリの併用ももちろんありです。

 

pairs

≫ペアーズ(18歳未満不可)を無料で始める

 

ペアーズがダメなら「omiai」がオススメ

あわせて読みたい
マッチングアプリ界の重鎮”Omiai”の概要、料金プラン
マッチングアプリ界の重鎮”Omiai”の概要、料金プラン社員の皆さま、ご苦労様です。街コンCEO(@machicon_ceo)です。 マッチングアプリを始めて使う方、既に利用している方、いずれの方にもオススメ出来るアプリは一...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

【女子禁制】街コンCEOの軌跡

この記事を書いた人

街コンを愛し、街コンに愛された男。
現在の参加回数46回(23県)

コメント

コメントする

目次
閉じる