毎日更新|街コンジャパンクーポン情報

東京|本当にオススメできる街コン主催会社を厳選!【現役主催者監修】

社員の皆さま、ご苦労様です。

街コンCEO(@machicon_ceo)です。

 

街コンの魅力に憑りつかれて以来、参加回数は計41回(19県)。

そのすべてをレポートに残すとともに、「全国制覇」を成し遂げるという野望を抱く30歳がここにいます。

 

さて、自己紹介はほどほどに本記事は、少し文字数が多いため読み辛いと思われる方もいることでしょう。

しかし、「これから街コンに参加してみよう」という方にとってはとてもタメになる記事です。

この記事をオススメする方

  • 東京都内在住、もしくはその近郊に住んでいる方
  • 街コンに興味はあるけど、どのイベントを選んでいいかわからない
  • オススメの主催会社があれば知りたい
  • ハズレの街コンに参加したくない

    このいずれかに該当する方は、是非とも最後まで読み進めていただけると幸いです。

     

    ちなみに、私についてサクッと知りたい方は、以下の記事をオススメいたします。

    女性厳禁

    ≫街コンCEOの軌跡を実際の動画・音声で振り返る【鼻血不可避】

     

    本記事では、さまざまな項目から「ランキング形式」でオススメの街コン主催会社を紹介しています。

    また、街コンランキングの選定にあたっては、独自の見解・調査だけでなく、現役街コン主催者のアローンさんに取材をし、協力を得ております。

    監修

    画像

    CEO CEO
    以下の目次をクリックするとその項目へ飛べますのでご活用ください。

    ≫街コンCEOが使う街コンサイトへ

    目次

    東京の街コン選びは「開催エリア」が最重要

    開催エリアは「全31」

    新宿 銀座 池袋 渋谷 恵比寿 青山
    表参道 上野 丸の内 有楽町 日本橋 赤坂
    八重洲 六本木 立川 秋葉原 品川 中目黒
    吉祥寺 浅草 神楽坂 町田 代官山 目黒
    原宿 神田 大手町 八王子 飯田橋 自由が丘
    東京その他
    秘書 秘書
    ↑のエリアをクリックすると、イベント一覧ページに飛ぶのでどんな街コンが開催されているかチェックしてみましょう♪

    街コン開催数が多いエリアベスト5

    1. 新宿(30%)
    2. 銀座(18%)
    3. 池袋(10%)
    4. 恵比寿(8%)
    5. 日本橋(7%)

    右のカッコの数字は東京都全体の開催数に対する割合となっています。

    アクセスがよく飲食店も多い「新宿」が1位。2位の銀座は意外ですね。

    エリア別でみる男性参加者の職業

    銀座、大手町、丸の内、有楽町 大手企業(商社・金融系)、士業、公務員、サービス業
    渋谷、青山、赤坂、六本木 大手企業(IT系、マスコミ系)、外資系(コンサル・金融)、公務員、自営業
    新宿、目黒、池袋、上野、秋葉原、原宿 一般会社員、公務員、自営業、サービス業、福祉系
    秘書 秘書
    これは予想がつきますね。銀座・丸の内エリアは敷居が高そうに感じますが、あくまで通勤圏内だからという理由で選ぶ人もいるので、あまり構えていく必要はありません。

    街コン初心者にオススメのエリア

    • 新宿
    • 池袋
    • 上野
    • 渋谷
    • 恵比寿

    この5エリアの中から選ぶことをオススメします。

    どの駅もターミナル駅のため、似たり寄ったりの人が集まりづらく新鮮な気持ちで会話が楽しめます。

    また、参加者も立場が全く異なるといった人は少ないため、すぐに打ち解けられるでしょう。

    マイベスト|東京・オススメ街コン主催会社ランキング

    1位:街コンジャパン

    画像

    開催地域 新宿、銀座、池袋、恵比寿、渋谷、ほか都内
    主なイベント 安定男子×20代女子、年の差コン、朝食コン、20代限定コン、一人参加限定コン
    注目イベント LOVE FES、アニメコン(企業コラボ)、DINNER+、趣味+
    参加費用(女性) 500~2,500円
    参加費用(男性) 5,000~8,500円
    評価 ★★★★☆(4.4)

    街コンサイトとしての顔だけでなく、「主催者」として一位は、ある意味当然。

    イベント掲載サイト自らが運営するため、「企画・開催店舗」などはオリジナル性が高いのが特徴です。

    集客力では他の追随を許さないほど開催中止のイベントは少ないのが特徴。また、運営スタッフも自社社員を導入しているためサポート力が高い点も高評価。

    2位:MOST

    画像

    開催地域 新宿、恵比寿、渋谷、銀座、ほか都内
    主なイベント ディナーコン、アクアリウムパーティー、グルメコン、
    注目イベント ディナーコン、アラサー限定コン
    参加費用(女性) 980~1,980円
    参加費用(男性) 4,980~8,500円
    評価 ★★★★☆(4.0)

    首都圏の街コン主催会社として、最も力があるのが「MOST」。

    開催実績も多く、集客力も高いのが特徴です。

    街コン探しに困ったときは、とりあえずMOSTのイベントを選んでおきましょう。

    3位:ルーターズ

    画像

    開催地域 表参道、青山、新宿
    主なイベント 安定男子×20代女子、年の差コン、朝食コン、20代限定コン、一人参加限定コン
    注目イベント LOVE FES、アニメコン(企業コラボ)、DINNER+、趣味+
    参加費用(女性) 500~2,500円
    参加費用(男性) 6,000~7,500円
    評価 ★★★★☆(4.0)

    街コン業界の異端児ともいえる存在が、この「Rooters(ルーターズ)」。

    直近では、ブラック企業コンが話題となりましたが、とにかくイベントが幅広く、個性的なものが多いのが特徴。

    イベントを探すだけでも楽しくなります。

    ルーターズのイベントは、公式サイトから申し込むことで「500円オフ」で参加できます。(一部イベント)

    大規模・立食形式で選ぶ東京の街コン主催会社ランキング

    こんな方にオススメ

    • 自由に動きたい
    • コミュ力に自信あり
    • イベント感を味わいたい
    CEO CEO
    最低限のルールはあるものの、自由に立ち回れるのがポイントです。肉食系を自負する男にはオススメですが、初心者には少しハードルは高めです。

    1位:まちぱ.com

    画像

    開催地域 表参道(原宿スペース)
    主なイベント 大規模恋活パーティー
    注目イベント
    参加費用(女性) 1,500~2,000円
    参加費用(男性) 6,000~6,500円
    評判 ★★★☆☆(3.6)

    大型街コンの老舗といえば、この「まちぱ.com」。CEOも年末の大型イベントに参加した経験ありますが、大満足の結果を残しました。

    人の多さに圧倒されて疲れますが、敷居の低いパーティーといった感覚なので気は楽です。

    乾杯の音頭は、若手お笑い芸人がやってくれます。笑

    2位:ハピスマ

    画像

    開催地域 銀座、表参道、赤坂、汐留
    注目イベント 恋活PARTY
    参加費用(女性) 2,000円
    参加費用(男性) 5,500円
    評価 ★★★☆☆(3.2)

    第2位は「ハピスマ」。

    女性は、20代限定。男性は23~32歳までを対象としたイベントを行っています。

    途中でビンゴゲームを用いることで、会話をアシストしてくれます。

    3位:LAGPA

    画像

    開催地域 赤坂、恵比寿、銀座
    主なイベント 大規模パーティー
    注目イベント
    参加費用(女性) 2,000円
    参加費用(男性) 6,000円
    評価 ★★★☆☆(3.0)

    ”ラグジュアリーパーティー”をコンセプトとしたイベントを運営する「LAGPA」。

    そのコンセプト通り会場はオシャレ店舗で行われます。

    2位のハピスマよりも年齢枠が広く、30代半ばまでの人たちが集まります。

    施設、屋外コンセプト系で選ぶ東京・街コン主催会社ランキング

    こんな方にオススメ

    • 飲食店で行われる街コンは何となく嫌
    • 会話だけでは見えない相手の個性を見つけたい
    • 施設自体(水族館など)も楽しみたい
    CEO CEO
    ザ・街コンという感じではなく、複数人でのデート感覚に近いです。協調性を第一にいかに楽しい時間を共有できるかがポイントとなります。

    1位:GOKUFES

    画像

    開催地域 上野、品川、浅草、新宿、池袋、ほか都内
    主なイベント 水族館コン、博物館コン、夜景コン、食べ歩きコン、脱出ゲームコン
    注目イベント 季節限定系(イルミネーションコン、紅葉コン)
    評価 ★★★☆☆(3.5)

    飲食店で行われる街コンはもはや皆無。

    観光スポットやデートスポットを会場とする”アクティブ街コン”。

    自由度が高いので、男性陣の率先したリーダーシップと協調性にかかっています。

    2位:DORADORA

    画像

    開催地域 池袋、新宿、上野、表参道、駒込、ほか都内
    主なイベント 夜景コン、水族館コン、ウォーキングコン、ボードゲームコン
    注目イベント 水族館コン、季節限定系(イルミネーションコン、紅葉コン)
    参加費用(女性) 1,700~2,000円
    参加費用(男性) 4,800~5,700円
    評価 ★★★☆☆(3.4)

    1位と差はほとんどありませんが、若干イベント開催数が「DORADORA」のほうが少ないことを考慮しました。

    基本的にイベントはGOKUFESと似ていますので、都合のつく日程であればどちらへ参加してもいいでしょう。

    3位:ハートカフェ

    画像

    開催地域 駒込、調布、目黒、青山、神田、ほか都内
    主なイベント お散歩コン、ナイトミュージアムコン、夜景散歩コン
    注目イベント パワースポット散策コン、お散歩コン
    参加費用(女性) 1,800~2,200円
    参加費用(男性) 4,800~5,000円
    評価 ★★★☆☆(2.8)

    ハートカフェは、「30代~40代」をメインターゲットとしてイベントを開催しています。

    本サイトの読者層を考えると、選択肢からもれるかと思いますが、念のためご紹介いたしました。

    まだまだある!東京都内の名所で開催される街コン

    大手町:ランニングコン

    画像

    都内のランニング名所といえば、「皇居回り」。

    体を動かしながら出会いを求めることができるのがランニング街コンの良さでしょう。

    「趣味+」では、プロのランナーのサポートを受けながら楽しくランニングができると好評です。

    八王子:散歩コン

    画像

    八王子エリアでは、「高尾山」への散歩・トレッキングコンが開催されています。

    春~秋の紅葉シーズンまでの限定イベントとなります。

    特に紅葉シーズンは、申込者が多く集まると評判です。

    秘書 秘書
    東京その他エリアにも掲載されているので、そちらも併せてチェックしてみましょう。

    浅草:食べ歩きコン

    画像

    浅草といえば、「食べ歩き」。

    実は観光客に紛れながら街コンが開催されていたとことをご存じない方も多いでしょう。

    実は女性にも人気であり、男性急募となる街コンも多々ある隠れたオススメイベントです。

    まとめ|東京の街コンは王道~ニッチなイベントまで幅広い

    街コンサイト、運営業者各1位まとめ

    総合 街コンジャパン
    大規模・立食 まちぱ.com
    屋外コンセプト系 GOKUフェス

    本記事では、独自の体験談に合わせ、現役主催者であるアローン氏(街コン一人参加.com)の監修のもと、東京の街コンを徹底調査しました。

    飲食店で行われる王道の街コンをはじめ、ニッチなものまで幅広いジャンルのイベントが日夜、行われています。

     

    出会いがないと嘆くだけの毎日では、何も生まれません。

    まずは、一度出会いを増やすことから初めてみましょう。

     

    街コンは一度に8~10人ほどと出会える効率の良さが支持されています。

    まずは、週末のイベントを検索してみましょう!

     

    近くの街コンを検索する
    – 150万人が利用!街コンジャパン –

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    目次