街コンで連絡先交換後「誰かわからない」を防ぐ方法。LINE管理術

ceo
社員の皆様、ご苦労様です。街コンCEOです。

街コンでLINE交換をしたものの、いざLINEを送ろうにも誰だかわからない・・

街コンに参加したことがある人なら一度は経験したこともあるでしょう。

非常にもったいない状況であることはもちろん、防ぐ必要があることは言うまでもありません。

このような細かい対策を打つことが成果を上げるために必要な要素となります。

では、実際にどのような対策を打つ必要があるのか。

街コンCEOが実際に行っている管理方法を画像を交えて紹介いたします。

街コンの連絡先交換について

街コンは着席・席替方式が一般的なスタイルとなっており、

この席替時にLINE交換をする流れになっています。

連絡先交換については運営スタッフからアシストがあり、

席替5分前にアナウンスがあります。

席替5分前で~す♪

今のうちに連絡先交換を済ませて下さ~い♪

これにより、良くも悪くも連絡先を交換する状況を半ば強制的に作られます。

この状況で連絡先交換をしない方が気まずくなるという状況になります。

連絡先交換後、誰か分からなくなるのは必然

街コンでは4~5テーブルほど回ります。

これにより10人程の連絡先を手に入れることとなります。

休憩などはなく、一テーブル終えるごとに移動・会話を始めていくという形式なので、全ての人の名前を憶えていくことはとても無理と言えるでしょう。

頑張って全員を覚えよう!努力をするよりも目の前の相手との会話に集中する方が得策です。

くれぐれも無駄な努力をすることは辞めましょう。

具体的な対策方法

誰が誰だかわからない・・・という状況になることは防げない事実であることはお分かりいただけたかと思います。

ただ、この状況に対して何も策を講じないことは問題です。

具体的な対策方法を画像を交えて紹介します。

ceo
正直、面倒ですが成果を上げるためには行いましょう

1、一人でLINEグループを作る

上記の方法でLINEグループを一人で作ります。

作成意図といては、メモ代わりに使う為です。

グループ名は分かりやすい名前にすればよいでしょう。

2、名前・特徴、会話内容をメモ

これは、CEOが2月に千葉で参加した街コンのLINEメモです。

この時は終了後に一通り覚えている内容を落とし込んだものです。

このアウトプットは街コン終了後に覚えている範囲でメモしたものです。

出来れば街コン中にトイレを挟み、そこで細目にメモをしていくのが理想です。

3、LINE管理

こちらは別日の街コンですが、LINEのプロフィールをスクショしてテーブル番号、ポジションをメモしたものです。

LINEの名前をニックネームなどで登録している人もいるので、

その場合に後で見返した時に分からくなるのでこれを阻止するための方法です。

メモがもたらす効果

面倒だと思われるこの作業。

実は、誰か分からない・・という状況を阻止するだけではありません。

参加者誰もが自身の記憶を頼りする中で、

あなたは確実かつ少しでも多くの情報を頼りに出来るのです。

これがもたらすメリットとして、

  • LINEのやり取りネタが増える
  • 相手に対するアピールになる

このようなことが挙げられます。

少しの行動が後々に大きな意味をもたらすことに繋がります。

最初にどんな内容のLINEを送れば良い?

街コンCEOに寄せられる質問でも数多い質問がこれです。

返信が来ないということに対するテクニカルなLINE。

そんなものは存在しません。

こちらが相手に対して良い印象を与えれば、どんな内容のLINEを送っても返信があります。

気になる方はこちらをご覧ください⇩

まとめ

いかがでしたでしょうか?

街コンで連絡先交換をしたは良いものの、誰かわからない・・という状況を防ぐための使えるテクニックをご紹介しました。

一番大事なのは、相手から「誰かわからない・・」とならないことです。

こちらがいくら対策を打っても相手があってのことです。

このことを肝に銘じて街コンでの振舞い・会話などに注意しましょう!

 

関連記事⇩

 

\街コン・婚活パーティー情報はこちら/
詳細・日程を確認する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オススメ記事