基本戦略

社員の皆様、ご苦労様です。街コンCIOです。

 

何も考えずに街コンを過ごしている人は沢山いることでしょう。

 

考えて臨む人と何も考えずに臨む人とでは雲泥の差があるということをこの資料を読んで納得して頂きたいと思います。

 

勝つための思考法、勝つために行う方法となります。

CIO
街コン参加費用は決して安くありません。

必ず成果をあげましょう。

発展する・しないの考え方は正しくない

街コンに参加を検討しているほとんどの人が気になるのが発展するのか、しないのかということ。

 

この考えはこれからコインを投げて表か裏かを真剣に考えるのと一緒のことです。

これに対する答えは”神のぞ知る”です。

 

大事なのは、

街コンへ参加して発展する可能性を上げるには?

 

このマインドを持つことが発展することに必須事項となります。

では、続いて街コンから発展の可能性を上げるための基本戦略に移ります。

街コンにおける中・長期的な目標設定

まず行うこととしては、中・長期的な目標を設定することです。

これについては、

  • 彼女を作る
  • セフレを作る

二パターンのみと言えるでしょう。

 

他に存在しますか?

 

異性の友達を作りたいなどという生ぬるい発想で参加してしているのであれば参加しない方がマシでしょう。

 

ceo
私の場合は、上位2人をターゲットとして、

  • 即日にミッションコンプリート
  • もう一人はその後のデートでコンプリートする。

といった目標を立てています。

CEOの場合は、即日にベッドインに持ち込むという超短期な目標と中期的に体の関係を築くという目標を立てていることがわかります。

 

もちろん、真面目に出会いを探している方も同様です。

具体的な目標設定をしましょう。

目標に向けて設定する『G』

これは先ほど定めた『中・長期的な目標』に対して、実際の街コンで達成すべき『G』ゴールについて説明します。

 

ここからはかなり実践的な話となります。

 

  • 二次会へ連れ出す
  • 次回アポをその場で取りつける

 

彼女が欲しいと考えているのであれば、まずはこれらをゴールと設定すると良いでしょう。

もちろん今後セフレ化をしていきたいと考えている人も同様です。

 

即日に体の関係を持ちたいと考えているのであれば、

 

もちろん

  • 即日にヤる

がゴールとなります。

 

このゴール設定こそ大事な核となります。

 

街コンCEOの即日ミッションコンプリートの様子はこちら⇩

ゴールを見据えて、ホテルを予約、2次会のプランなどの構想を練ったうえで街コンへ参戦するという用意周到さがまさに即日ミッションコンプリートに繋がったと言えます。

 

LINE交換するから後日で良いんじゃないの?

と思われるかもしれませんが、LINEは返ってくるものだという希望的観測はすぐに捨てて下さい。

 

とにかく発展の可能性を上げることに徹底してください。

全ての基礎となる『P』

『G』の設定が済んだ方は次のステップです。

社会人であれば一度は耳にしたことがある言葉『PDCA』。

 

これを仕事シーンだけに活用していては勿体ないです。

 

街コンに適用させてこそワークライフバランスと言えるでしょう。

(全然ちげーよというツッコミはやめて下さい。)

 

全ての基礎となる『P:プラン』について解説していきます。

30分間で展開するトーク

これはある街コンのタイムスケジュールです。

1テーブル当たり30分の所要時間があります。

 

この間で印象を残さない限り発展しないのが現実です。

 

1テーブル30分を終えたら次のチャンスは来ないのです。

 

では、実際にどんなテーマで話をすればいいでしょうか?

必須トーク

  • 恋愛トーク
  • 出会いについて
  • アプローチ

 

この3つが必須トークとなります。

 

恋愛の価値観を探る為に行う『恋愛トーク』、

出会いの有無、出会いに対しての考え方を聞き出す『出会いトーク』、

そして多数いる参加者の中でも好意があることを示す『アプローチ』。

 

この3つを展開することが街コンにおいて必要なトーク内容となります。

 

もちろんこれ以外にも世間話やプライベートな内容についての話が必要であることは当然です。

実践で磨いていく『D』

プランを立てたら次は『D:行動』です。

 

『P』で示した3つのトークを実践で展開していくのですが、実際にこの通り進まないことがあります。

 

例えば、

  • 同じペアのマシンガントーク
  • 趣味の話で終始盛り上がってしまう
  • そもそも会話が盛り上がらない

など、頭で考えていても実際のシーンで展開できるかどうかは別問題です。

 

街コンの素晴らしいところは、この『D』を試すチャンスが3~4回訪れるところです。

最初の席で全く核となるトークが出来なくても他、3回ぐらいチャンスがあります。

 

慣れてくれば場を仕切るトークが出来たり、スムーズに恋愛トークなどに移行させることが出来るようになってきます。

 

その為にも場数を踏むことは重要です。

相手の反応を見る『C』

自分の振舞いを振り返るのが『C:チェック』

先ほどの『D』で実践したことを振り返りましょう。

 

  • 気まずい空気が流れなかったか
  • 盛り上がったのか
  • 不快にさせていないか

 

あくまで主観でしか考えられないものですが、手応えというものは一つの指標としても良いでしょう。

 

少なからず盛り上がったのであれば、控え目にみてもマイナスの印象は与えていないと判断できます。

 

ただ、ここで反省すべき点は、

3つのトークが展開できたかどうか?を振り返ることが大事です。

 

ただ、盛り上がれば良いということであればキャバクラと一緒です。

核心に触れていくトークがどれだけ出来たか?ということを振り返って下さい。

成長はここで決まる『A』

実行⇒反省ときたら次はそれを活かした『A:行動』です。

もっとこうした方が良かったと考えたのであれば、次のテーブルで実践しましょう。

 

例えば、

  • 敬語で話していたものをタメ語にしてみる。

など、

  • 相手の服装を褒めてみる

 

ceo
私は基本ため口です。

 

など、考えるべきことは沢山あることに気付くと思います。

何度も言いますが、街コンは席替式なので1テーブルごとどんどん成長することが出来ます。

 

それを繰り返すことで1テーブル目から効果的な振舞いや磨かれたトークが展開されるのです。

CEOが考えるトーク内容-前半

与えられた30分でどう振舞うか?

CEOの場合は上記の図を基本セットとして考えています。

 

前半部分である①は、

自己紹介

これは、簡潔に済ませます。

誰もあなたに興味ない。という前提で考えておきましょう。

1stアプローチ

すぐに相手の女性について褒めます。

 

CEOの場合は『ファッション』や『小物・バッグ』といったところに触れていきます。

いやらしさが出てしまうのであくまでサラッとです。

 

ceo
DWの時計ってスッキリしててオシャレだよね

と言った感じで。(本当は何も思っていません)

全体像を把握

今日どうやって会場まで来たかということから、職業であったり、友人との関係性など全般を把握します。

 

車で友達を乗せてきたという場合は、帰りに友達を送り届けるという役割を担っているため、キーマンとなります。

 

この場合は、

この子次第では2次会に連れ出せる。

などの判断としていきます。

CEOが考えるトーク内容-後半

日常・趣味トーク

後半部分で触れていくのは趣味であったり、パーソナリティの部分を掘り下げます。

どの話題が盛り上がるかを検証することでデートの提案やLINEのネタを探していきます。

 

あくまでこの日常トークを長引かせることは厳禁です。

いくら盛り上がったとしても、その後に展開する『恋愛トーク』が大事となることを忘れてはいけません。

恋愛トーク

日々の出会い、恋愛観、元カレについてなど恋愛にまつわるテーマを展開する必要があるのはその場が『街コン』であるからです。

 

恋愛の可能性を探しにきている女性と『恋愛トーク』をすることは当然に異性であることの強いアピールとなります。

 

相手を恋愛モードに引き上げる必要が男性の役割と言っても過言ではありません。

アプローチ

アプローチをせずして発展はない

と断言しても良いでしょう。

 

ここで趣味トークを掘り返したりしながら、

二次会行ってもっと話しようよ!と誘っていきます。

 

この時にストレートに○○○ちゃんが参加者で一番良いということを伝えましょう。

 

何も恥ずかしがる必要もなければ色気づく必要もありません。

 

女性は受け身ですし、押しに弱いのが基本です。

 

ストレートに誘うことこそ誠意を示せますし、今後の発展を遂げる大きな要素となります。

 

以上が街コンで成果を上げるための基本戦略となります。

目標を決めてそれに向けて動き、改善していく中で成果を上げていきましょう。

 

街コンはそれを可能にする素晴らしい出会い方法であることは間違いありません。

 

 

\街コン・婚活パーティー情報はこちら/
詳細・日程を確認する

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オススメ記事