立食形式の街コンをコミュ力に自信がある男にオススメしたい理由

街コンに参加して本気で発展させたいと思う方は”立食形式”に参加してください

街コンというのは運営スタッフ主導でルールに沿って行うから効率的かつ楽しむことができ、発展に結びつくものです。

一昔前の街コンと言うと、複数の飲食店を自由に行き来しながら、異性との交流を深めるものでした。

そんなルールなき街コンに未来はありませんでした。

それから時を経て、街コンが変化を遂げていったのでした。

その象徴が、現在最も主流となっている『1店舗・着席・回転寿司方式』。

このスタイルが一般化したことで参加者が抱えるデメリットが解消され、一気に”出会いの定番”としての地位を確約したのです。

そんな街コンですが、デメリットとしては、”自由に動けない”と言ったことが挙げられます。

COO
俺はもっと自由に動いてアプローチしたいんだ!

という人にとっては少しじれったいと言えるでしょう。

そんな自由さを求める人にこそオススメしたいのが『立食形式』です。

立食形式の街コンの正しい知識

完全に自由ではない

冒頭にも申し上げた通り、出会いの場におけるルールは必要不可欠です。これがなければ廃れます。

男女を一つの場所に集めて、

後は自由にしちゃって下さ~い!!!

と言われたら困りますよね?

立食形式はあくまで自由度が高いというだけで自由ではありません。

  • シャッフルが行われる
  • 途中からアシストアイテム使用
  • 立食と言っても正確には半立食(イスはある)

この3点が立食街コンにおける基本システムとなります。

着席と同じく時間に区切りがある

立食形式の街コンと言えど、一人(ペア)と話せる時間は制限があります。

運営スタッフの方から20~30分間隔でチェンジしてくださ~い!というアナウンスがされます。

このアナウンスの後に、次に話したい人を見つけて声をかけていきます。

可愛い子を独占できないのが残念なところです。

相手探しをアシストしてくれる

実際に街コンCEOが立食形式の街コンに参加した時に配布されたものです。

この場合は参加者に一枚のトランプが配布され、同じカードを持った女性を探すというものでした。

このように少しゲーム性を持たせることで”完全自由”とならないように配慮しています。

立食形式の街コンの流れ

タイムスケジュール

18:30~ 受付開始
19:00 街コンスタート
19:40 エリア移動
20:30 トランプイベント
21:00 街コン終了

こちらも実際に街コンCEOが参加した時のイベントを例に解説していきます。

全ての立食形式に共通しているわけではないので、イベントページを確認しましょう。

店内にはいくつかのテーブルが用意され、番号などで分けられています。

CIO
先ほどの写真でも見える通り、カードに記された『A』のテーブルからスタートでした

「サッドカフェスタジオ」の画像検索結果

テーブル囲って乾杯

始めは『A』の中にいる女性と会話を始めます。

15分程度で話をしたのちに運営からシャッフルのアナウンス。

このシャッフルというのはテーブル番号に関係なく動いて良いというもの。

まさにここから本番ということになります。

ペア替え

続いて、新たに話しかけた相手と話を始めていきます。

これも最初の相手と同じぐらいの時間間隔でシャッフルのアナウンスが来ます。

フロア移動

参加者多数の為か、フロア移動を行い、全く新しい顔ぶれと出会いました。

これは規模によるのですべてに当てはまるものではないのでお気を付け下さい。

ここでも新しい相手と話をしていきました。

トランプイベント

そしてイベント終盤になり、配布されたトランプの出番です。

既に会場も盛り上がっており、参加者の緊張も解け、今更トランプに頼ることもないでしょうが、うまく行っていない人にとってはかなり役立つもの。

このような感じで自由の中に制限を加えることでとても充実感が残るイベントとなるのです。

立食形式をオススメする理由

ここまでの流れを見ると分かる通り、着席型の街コンと異なり、良くも悪くも自由さがあります。

タイトルにもある通り、自発的に動くコミュ力が必要であることはわかって頂けたかと思います。

実際に着席形式とは違ったオススメポイントを挙げていきます。

相手を自由に選べる

これが全てでしょう。

街コンに参加してもすべての女性が可愛い・美人ではありません。

当たりは2割ほどでしょう。

立食形式の良いところは、好みの女性だけを狙ってアプローチできるのが効率的かつ満足度が高い点です。

会話に幅を持たせられる

会場全体を見渡せることから話題を散らすことが出来ます。

会話に困っても良くも悪くも目立つ参加者をネタにしてみたり、色々と視界から入る情報が多いことは会話をアシストしてくれます。

また、壁際に置かれているイスに座ってみたり、小声・大声を分けて緩急をつけた話し方をしたりと様々なアプローチ方法を選べるのも良いポイントです。

シャッフルしないという手も

これはある種のテクニックと言えるでしょう。

着席型のようにガチガチなルールに則っているわけではないので、シャッフルのアナウンスを無視して会話を続けることも出来ます。

更には、

店を出て飲みなおそうよなんてことも実際は可能です。

CIO
気になる方は下の記事をどうぞ

立食形式のデメリット

メリットがあればデメリットも当然セットになっています。

タイトルにもある通り、『コミュ力』が必須となることは間違いありません。

その為、自ら女性に話しかけることが出来ない方は辞めておいた方が良いでしょう。

他の要素としては、

  • 機転が利かない
  • 緊張しすぎる
  • 姿勢が悪い(立ち姿がブサイク)
  • 外見に極度に自信がない

などの要素を持っている方にはオススメ出来ません。

自由な場となればなるだけ自分のマイナスな面も出てしまうからです。

とは言え、立食形式の街コンに一度でも参加すれば他の街コンや婚活パーティーに参加しても緊張することはないでしょう。むしろ、気が楽とまで感じます。

弱い自分を変えたいと思っている人は今後の為にも経験しておいた方が良いでしょう。

立食も着席も大事なことは一緒

ここまで立食形式の街コンについて解説しました。

着席・立食それぞれにメリット・デメリットがあります。

ただ、どんな出会い方法でも大事なのは『第一印象』であることに違いはありません。

これについては自分を磨くことをやめてはいけません。

何より大事なのは実際の現場で経験を積むことが早いです。

2、3度の参加は当然です。

街コンは女性参加者があってこそ成立します。

2012年から現在までにイベント数が60倍にも増加しているとの調べが出ています。(街コンジャパン調べ/日経WEB版)

それだけ女性も出会いを真剣に探しています。

迷うことはありません。街コンで彼女を作りましょう。

冴子
まずは街コン検索ね

⇒街コン情報を検索

※『立食形式』は都会に多いです。(表参道、恵比寿、六本木など)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オススメ記事