巨乳女子セフレ量産化計画。ギラつき方法を巨乳好きガチ勢が解説

巨乳に押しつぶされて窒息死したい皆様、こんにちは。

街コン戦略室改め巨乳戦略室です。

 

巨乳は大正義である。異論は認めません。

 

この記事では実践的なテクニックを公開しています。

巨乳女子とヤるにはどうすれば良いか?

それを真剣に考え、街コン戦略室に蓄積された数多くの経験から答えに至りました。

 

まずは巨乳女子の生態について知識を深めましょう。

巨乳女子は胸をコンプレックスと感じている

我々は巨乳好きガチ勢。

もはや男だけでなくても貧乳女子からも羨ましがられる存在となっているのが巨乳女子。

 

しかし、その宝である巨乳を持つ当の本人たちはと一体どう思っているのでしょうか?

 

答えは、ほとんどが巨乳をコンプレックスと感じています。

 

それは、

  • 可愛い服が着られない(サイズがない)
  • 胸のせいで服のシルエットが変わる
  • 体目的で男が近寄ってくる
  • 目線を感じて不快になる

などのマイナスな印象を持っているのが現実です。

 

まずはこの現状を理解することが攻略への糸口となります。

「体目的」への警戒心が強い

巨乳と自覚したころから男性から受ける卑猥な目線などに悩まされている彼女たちは、男性に対して警戒心を抱いています。

 

さらに、現実的に体目的で遊ばれたことがある経験を持つ女性も多くいます。

 

それはそうですよね。

 

男性側の意図としては、ヤる為に近づいているのですから。

 

このような男性の思惑と女性の経験もあってか、普通の女性よりも過度に警戒しているといって間違いないでしょう。

 

一般的なギラつき方法では失敗することを意味します。

胸以上に足がコンプレックス

巨乳女子は基本的にふくよか体型が多いです。

細くて巨乳などという最強人類は稀でしょう。

 

基本的には肉付きが良いことで体型に悩みを抱えています。

 

特に悩んでいるのは「足」の太さです。

 

胸は仕方ないにしても足の太さに関しての女性の意識はものすごく高いのは周知の事実ですよね。

 

ですので、これを先読みして、

 

足が細い女性に魅力を感じない。なんなら女性として受け付けない

 

ぐらい言っておきましょう。

このように胸に釣られるのではなく、より大きな悩みに着目することで信頼を得やすい状況となっていきます。

 

○○○ちゃんでもちょうど良い。もっと肉があっても良い

 

と+αを加えてあげることでより良いアプローチとなります。

関係を深めたら次は「ギラつく」

会話術に関しては普通の女性と特に変わりはありませんが、

一番最後に挙げた「足」のトークは必ず展開してください。

 

これが伏線となり、ギラつき時に大きな後押しとなるのです。

 

ここまでスムーズに会話を楽しんだり、コンプレックストークで伏線を張ったら

次はSEXへ向けてギラついていくのです。

 

では、実際にどのようにギラつけば良いかを解説していきましょう。

 

※ギラつくとは・・・女性に手を出す工程のこと

巨乳をSEXに導く禁断のギラつき方法~1STEP

内ももから攻める

例えば居酒屋などの個室シーンや家などで横にポジションを取っているとします。

コンプレックスである足についての会話の伏線を回収しにいきます。

 

距離感を詰めていき、内ももに手を置いていきます。

まず、落ち着くことをアピールします。

 

そして自然とこの状態で会話を続けます。

 

しばらくしたら、太ももをコチョコチョをしてくすぐりましょう。

 

すると、相手は当然この手をどかそうとしてくるでしょう。

 

このようなやり取りを何度かしてじゃれ合う雰囲気を作ります。

 

しばらくした後に、今度は先ほどよりも内ももに手を持っていき、話をします。

ここまで来ることが出来れば流れに乗れるでしょう。

 

後は隙を見てキスをしたり、真剣なモードで口説きにかかりキスを狙います。

 

なぜ太ももから攻めるのかというと、

 

  • コンプレックスを受け入れていることで相手に緊張感を与えない
  • 性感帯でもあり、興奮のスイッチを入れやすい

このような点から巨乳女子を相手にした時は内ももから攻めていくようにしましょう。

次に首や耳を攻める

太もも+キスまでたどり着いたら次のステップです。

 

首や耳です。

 

これらは脂肪がつきづらい箇所でもあるので、感度が高いからです。

 

肉付きが良い巨乳女子にも非常に効果的です。

 

そもそも巨乳の場合は胸の感度が低いことがほとんどで、満足感を感じるのは触りたいと願う男側のエゴが上回る場合もあります。

禁断のギラつきSTEP2

前戯全般は後ろのポジションから

STEP1の状態を済ませたら、次は相手の後ろのポジションを取りましょう。

上の写真のようなポジションが理想。スペースを見て体勢を考えましょう。

 

なぜ後ろから攻めるかと言うと、

 

  • 後ろから何かをされるという行為を女性は好む
  • やられているという感覚で興奮度が上がる
  • 安心感を与えられリラックス効果を上げる

 

このようなメリットがあるので、後ろのポジションは巨乳女子でなくても必須と言えるでしょう。

 

この状態で下まで攻めましょう。

 

これで女性の興奮度を最大限に高めたうえでこちらの要求を飲ますように動いていきます。

禁断のギラつきSTEP3

フェラ

後ろから立ち上がって斜め後ろから口に持っていくようにしましょう。

 

こちらが座った状態で相手に自発的に舐めさせるよりも難易度を下げてあげましょう。

 

女性は恥ずかしいという気持ちがあるので、口のすぐそばに持っていくことで、

相手の意思で動いたわけではないという状況を作ってあげることが大事です。

 

フィニッシュ

ここまで来れば後はフィニッシュを決めるだけです。

相手も準備万全。

 

本能のままにして下さい。

 

 

こちらもオススメ⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オススメ記事