モテない病がもたらすガツガツ心とモテる男の帝王学について解説

社員の皆様ご苦労様です。街コンCIOです。

 

出会いがない・・・と嘆くだけ嘆いて何もしない人が多く居ますよね。

 

日々忙しいでしょうし、出会い方法を知らない・理解していない人も多くいるのも事実だと思います。

 

本当に出会いたいと考えるのであれば、仕事帰りにナンパすれば良いんじゃない?

って話も出来ますし、友人に女性を紹介してもらいまくれば良いという話も出来ます。

 

ただ、現実的にはもっと考えて行動する必要がありますよね。

更に言うと効率も上げたいとところ。

 

『街コン戦略室』と言うだけあって街コンを推奨すると言った話をしたいわけではありません。

 

街コンは効率的に出会えるツールであることは間違いありませんが、今回は『出会い数』を飛躍的に上げることで得られるメリットなどを解説していきたいと思います。

 

平気で陥るモテない病

新しい出会いというのはとてもドキドキ・ワクワクしますよね。

出会った女の子が顔も合格点・話しやすくてなんとなくフィーリングが合う。

 

これだけの要素で簡単に好意を持ってしまいませんか?

 

・・・そしてその好意を育んでいくも儚くも散っていき成就しない。

 

そうです。

出会いがない男性にとって新しく出会う女性というのは『瞬く間に彼女候補』となってしまうのです。

 

それもそのはず。

日ごろ職場以外でまともに女性と接していない人は少しの優しさや楽しい一時を提供されるとその素敵な時間を日常的なものとして欲してしまい、その結果誤ったガツガツ行動をとり失敗を繰り返すのです。

 

モテない病からくるガツガツ心について解説していきます。

愚かなガツガツ心

元凶である『ガツガツ心』は出会いが巡ってきたときに襲ってきます。

こいつが登場すると厄介で仕方ありません。

自制心が効かず、常に頭を駆け巡ってきます。

 

「今なにやってんだろう…」

「飲みにでも行ってるから連絡できないのかな?」

「俺に興味ないのかな・・・」

「いや、仕事で忙しいだけだよな・・・」…etc

 

意中の女性の事で頭がいっぱいになり、追い込まれた結果、

LINEの返事がないのにも関わらず、一方的にこちらから送ったりしてしまいます。

 

この時点でゲームオーバーです。

 

分かっていても止められない気持ちはすごく理解しています。

この行動を止めるには意識を他に向ける。ということしか解決方法はありません。

 

具体的に言うと、このガツガツ心は女性でしか解決できません。

では、どのようにしてこのガツガツ心を解消するのでしょうか?

 

今すぐ出会いの数を増やしてください。それも一気に複数人。

 

愚かなガツガツ心から解放されるために取る方法こそがコレです。

 

別に街コンでなくても、合コンでもマッチングアプリでも出会い系でも友人の紹介でもなんでも構いません。

 

ポイントは一気に増やすことです。

 

ガツガツ心があなたに襲いかかる隙を与えないようにしましょう。

『お熱』の分散投資

先ほど女性への『お熱』というのは女性でしか解決することが出来ません。と言いました。

この巨大なエネルギーを一人にかけるのではなく、複数にかけるのです。

 

出会いを増やすことに成功したら、連絡を取り合うことになります。

この期間で思いが増幅していきます。

 

もちろん、一番気になる女性に『お熱』をあげてしまうのは仕方がありませんが、こういう時こそ他の女性に分散するのです。

 

電話の打診をしてみたり、積極的にデートに誘うもよし。

一番の女性と叶えたいことを他の女性で行っていきましょう。

 

うまく複数とやり取りを行いながら精神を保つことで心に『余裕』が生まれます。

この『余裕』こそモテる男が備えている強みであり、女性が望む男性像なのです。

 

ポジショニングについて

ここで一度立ち止まって考えてみて下さい。

 

もし自分が意中の女性の立場だったらどうでしょう?

 

相手の男性の好意に応じても良いし、スルーをかましてキモい奴呼ばわりしても良いですよね。

この意中の女性はあなたより立場が格段上なわけです。

そして優位なポジションに立たれてしまいます。

 

このポジションを優位に保つことが恋愛における必勝法なのです。

勝つためのポジショニング

ここまでで大事なことは物理的に『余裕』を生み出す方法について説明してきました。

精神的に『余裕』を生みだす方法を知りたい人は出家すると良いでしょう。

心を無にして落ち着ける程、強い人間はこれを読んでいないと思います。

具体的に勝つためのポジショニングを取る方法を解説します。

 

好意をちらつかせる

女性は基本的に受け身であることはご存知かと思います。

最終的には男性に告白されたり言い寄られることで落ちます。

この好意をちらつかせるという行動は、女性の恋愛スイッチを入れてあげることになります。

 

具体的には、

  • ポイントを抑えて褒める

ただ、可愛いというのではなく

ストレート(髪型)似合うよね、女の子っぽい白系統の服が似合うよね。など

また、

  • 普通にしてたら可愛いよ

と言ったように曖昧な言葉を入れながらも「可愛い」という事実を伝えるやり方もあります。

普通にって何?と言及されたらはぐらかしましょう。

これも勝てるポジショニングに立つための方法です。

 

女性の影をちらつかせる

女性に安心感を与えてはいけません。

こちらの好意に気付かれると相手は余裕をもってしまいます。

それを防ぐためにも『他の女性』の影をチラつかせるのが良いでしょう。

 

  • 元カノにより戻そうって言われてるんだよね

このように切り出したら、どうすれば良いかな?という意見を求めるのではありません。

相手からこの話題に食いつきを持たせるためにも、

過去にそうやってヨリ戻したことある?ぐらいの質問を加えるぐらいにしましょう。

 

  • 職場の後輩の女の子から恋愛相談受けてるんだよね

年下の女性から頼られているというのをでっちあげるのも有効です。

この時は相手の女性より年下の設定にするのがポイントです。

女性は年齢には非常に敏感になっているので、自分より年下の女の子と聞くだけで不安になったりライバル心を掻き立てられたりいます。

このようなスパイスを与えるのも良いでしょう。

 

連絡頻度を急に落とす

これを意図的に行うことが出来ればあなたは上級者と言えるでしょう。

古典的なやり方ではありますが、連絡を頻繁にとっていたにも関わらず、急に1,2日あけることによって相手の不安な気持ちを煽ります。

 

これはビジネスにおいて用いられる手法ですが、

携帯のデータ制限などは非常に分かりやすいです。

 

今まで快適にサイトや動画を見ていたものが、ある日突然動作が重くなって不快に感じますよね。

慣れ親しんだことを急に外部の力によって阻害された瞬間、快適であったことに気付くと言うことです。

その結果、耐えきれずデータ容量を課金して追加してしまいます。

 

これをLINEのやり取りでも当てはめてあげることでこちらを『必要な存在』と強く認識させることが出来るのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

モテない病が引き起こす『ガツガツ心』を物理的に抑制してあげ、余裕を作り出すために出会いを一気に増やす。

これこそがモテない病を克服するための手段でした。

また、心の余裕をもった状態で女性と接することで女性が望む『余裕のある男性像』となり、他のモテない病にかかっている男と一線を画することが出来るようになります。

 

こうなれば簡単ですね。

すぐに出会いを量産していきましょう。

 

街コンは一度に10人程と出会える効率的な出会い方法です。

街コンについて詳しくはこちら⇩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

オススメ記事