毎日更新|街コンジャパンクーポン情報

コミュ障の彼女の作り方|コミュ障を徹底的に直すことが鉄則

コミュ障男が彼女を作りたいのであればコミュ障である自分と向き合い、今の自分ができることをコツコツと実践するしかありません。「自分より劣っている人で彼女がいる人を調べる」といった事前にすべきリサーチ手順も記載しています。

コミュ障を直すのが難しい方は、街コンサイトや街コンアプリを使い、なるべく会ってコミュニケーションを取らない方法で彼女を作ることがベストです。

彼女の作り方がわからない男性必見|彼女を作る5つの方法

目次

コミュ障男が実践したい彼女の作り方

コミュ障でも彼女を作ることは可能です。

その理由は2つあります。

  • 相手にとってのイケメンであればしゃべらなくても好かれる
  • コミュ障自体は直すことができる

    というところです。

    前者の場合、特段何か努力や工夫をせずとも彼女ができる場合があります。一方で後者の場合は努力が必要です。ただこの努力の先には彼女作りのみならず、対人関係や仕事においても有効に作用することでしょう。

    1、自分より劣る男で彼女がいる人を調べる

    顔が良ければしゃべらなくても、女性から自然と好かれて彼女ができます。

    コミュニケーションが必ずしも必要だとは限りません。また、ここでいうイケメンは一般的に王道のイケメンである必要もありません。

    世界中にはあなたの見た目が好きな人は必ずいますので、いま彼女がいないからといって、ネガティブになったり自分はイケメンではないからと思い悩んだりしないようにしましょう。

    さらに見た目についても工夫次第では王道イケメンに近づけることも可能です。

    身だしなみを整え、清潔感を出すことから始めて、あとはイケメンの髪型やファッションを真似てみてください。それだけでも相手に与える印象は大きく変わるはずです。

    仮にコミュ障をコンプレックスとして、ハンデだという認識があるのであれば、それは改善できます。

    なぜなら、その時点で自分に欠点があることを認識できているからです。

    もちろん直しかたやどうしたらいいかが分からないというのもあるかとは思います。

    モテている人の振る舞いを参考にしつつ、自分自身の言動を少しづつ見直していきましょう。

    コミュ障から脱却することが彼女を作る第一歩を進めます。

    コミュ障が彼女を作るためには、まず、コミュ障を直していくところから始めましょう。

    コミュ障から脱却できれば彼女作りは大きく進展します。

    女性にとって「一緒にいると楽しい」「この人と一緒にいると安心する」という風に思わせることが重要です。

    ただ、コミュ障から脱却するといっても、自分からガンガン会話できたり、面白いギャグや会話ができるようになったりする必要はありません。

    相手の話にしっかり耳を傾け、反応することができれば大丈夫です。

    無理に考えすぎることなく、相手の話をしっかり聞くところから意識してみましょう。

    2、モテる男はどんな男なのかをリサーチする

    まずは、ハードルの低い挨拶から始めてみましょう。いきなり女性に話しかけようとすると返って緊張してしまい、逆効果になる恐れがあります。かといって、話しかけなければ会話が生まれることはありません。

    そのあとの会話について、深く考える必要もありません。当たり前に挨拶ができる人は意外と少ないです。どうしても会釈だけになってしまったり、場合によっては素通りしてしまったりする人も多いのでそれだけでも相手に自分を認識させることができます。

    さらに、この挨拶の繰り返しを意識することで、必然的に対女性との接触回数も増えていきます。自分が挨拶自体に慣れていくことに加え、人間の性質として接触回数が多いほど好意度が上がるという単純接触効果から好感も持たれやすくなります。

    たかが挨拶ですが、されど挨拶です。

    一見小さいことのように見えますが、侮ることなく挨拶から実践していきましょう。

    3、女性と会話する機会を作る

    自分に自信がないことが原因で、コミュ障になっているケースが多いです。

    周りからの評価がなくても、彼女を作りたいなら自分の行動や発言に自信を持つことが大事です。

    もちろん、いきなり何を話せばいいか、どう自信を持てばいいかわからない場合もあると思います。そんなときは、自分自身の言動に理由をを持つところから始めましょう。

    闇雲に何かをしたり、発言したりするのではなく、「自分にはこういう思いがあって」と理由づけしてみてください。そうすることで、説明が必要な場合や、自分で振り返った時に納得した理由を持てるようになってくるはずです。

    この納得感こそが、「自分で決めた」という自信になり、自己肯定感が高まってきます。

    必ずしも周りと一緒である必要や、一般的に正しくなくても構いません。まずは、自分自身が納得できるような理由づけを持った言動を心がけましょう。

    これを繰り返していけばそれがいずれ「自信」に変わっていき、臆せずコミュニケーションが取れるようになります。女性と会話する機会については、マッチングアプリ、街コン、飲み屋、バーなどで店員さんでもいいので女性と会話するように心がけてください。

    ここでは彼女を作るためではなく、あくまで会話練習という位置付けで問題ありません。

    こうしてコミュニケーションを取っていくことが、女性と話すことができるという自信にも繋がります。

    4、相手の話を引き出すことを意識する

    コミュ障を直すには、相手の話をよく聞くことも有効です。

    何を話そうかばかり考えてしまい、相手の話をしっかり聞くことができていないのかもしれません。

    相手の話をしっかりと聞くことができていなければ、適切な返答が難しくなりますし、次の話題を話そうにもまったく関連性のない内容を話してしまいがちです。話をしている以上、相手は自分の話を聞いてくれているかというのを気にしています。

    まずはしっかりと聞き役に徹することを心がけてください。

    会話の中で、何が重要なのか、相手を何を伝えたいのかをしっかりと吟味することで次の話題にもつなげやすくなります。相槌を打つのも忘れないようにしてください。凝視されながら話を聞いていると、相手が萎縮してしまう可能性もあります。

    また、相手の話に興味を持ち、表情や振る舞いを観察をしていることで、会話になるポイントを見つけやすくなります。観察するといっても理由と一緒に考えるようにしてください。

    例えば、あるところ突然テンションが変わったように感じた場合は、なぜここで変わったのか、どういう気持ちだったか、などを考えます。

    その理由は自分だけではわからなくとも、相手の表情や身振り手振りを見れば比較的分かりやすいです。

    あるいは尋ねてしまっても問題ありません。

    「どうしてそう感じたの?」「どうしてそういう気持ちになったの?」といったように理由を求めることで解明することができます。

    ただし、全ての相槌で理由を求めてしまうと、会話が先に進まず鬱陶しく感じられてしまう可能性があるので、相手のテンションが大きく変わった場合などに深堀りする手段として使ってみましょう。

    また、興味の有無は態度にも出やすいので、片手間で聞くのではなく、しっかりと自分でも考え、相手を観察しながら問いかけるようにしましょう。

    コミュ障でも彼女が作れる唯一の方法はネットでの出会い

    コミュ障が改善されなくても彼女が作れる方法は、恋活アプリや街コンサイトなどといったWebサービスを活用することです。

    最近では恋活アプリが多数あり、しかも街中に大きな看板に掲載されるほど浸透してきました。

    また、その手軽さから利用者数もかなり増加傾向にあります。

    Web上での出会い自体、恥ずかしかったり後ろめたかったりすることはありません。

    こういった形から始める出会いこそ、コミュ障にとってはハンディキャップが少ない点もあるので積極的に活用していきましょう。

    コミュ障におすすめなマッチングアプリ4選

    アプリや出会い系のサイトは直接会ってコミュニケーションをとるのではなく、ネット上の文章でやりとりを行います。つまり、人と話すのが苦手なコミュ障でも文章力があれば彼女ができるきっかけになるということです。

    対面でのコミュニケーションにおいてはテンポよく会話を行う必要があり、ラグはあまり許容されません。

    一方でネット上でのコミュニケーションではラグがあってむしろ当然です。相手からメッセージが来た際に、相手がどういう心理でその内容を送ってきているか、どう返すのが適切かなど考える時間が生まれます。

    場合によってはネットで検索をしてもよいでしょう。また、過去の会話を遡ることができるので「以前話していた〜」といった形で盛り上がった話題を再度振り直すことができます。

    数多くの女性と同時にやりとりできる可能性がある点もメリットです。

    1、ペアーズ

    ペアーズは国内での登録者数が1000万人を超える恋活・婚活用のマッチングアプリです。

    「マッチングアプリ」と聞いて最初に浮かぶアプリがペアーズだという人も多いはずです。

    ペアーズでは相手に求める条件や探したい女性像などを事細かに絞り込むことができます。

    例えば、検索機能では「年齢」や「居住地」、「職業」といった基本的なステータスに加えて、「結婚への意思」や「飲酒・喫煙の有無」などライフスタイルに関わることまで絞り込むことが可能です。さらに、「コミュニティ」という機能によって、共通の趣味や趣向、価値観から相手を探すこともできます。

    会員は20代〜30代といった層が中心なので、恋活・婚活のいずれでも幅広く活用できるマッチングアプリと言えるでしょう。

    会員数が圧倒的に多いので、数多くの女性とのメッセージをする機会を作れるのもポイントです。迷ったら、ひとまずペアーズに登録してみましょう。

    2. with

    withはメンタリストで有名なDaiGoが監修したことで有名なマッチングアプリです。

    会員数はPairsほど多くはないですが、他のサービスとは被らない機能が充実しており、特に女性に人気があるマッチングアプリです。

    withでは、〇〇診断といった診断コンテンツが大きな特徴です。常時開催されているものに加え、期間限定で開催されるイベントも定期的にあるので飽きがきません。また、女性は占いや診断が好きな傾向があるので、こういったコンテンツの拡充が利用率の高さを維持しているのでしょう。

    そして、診断といえどもあなどってはいけません。心理テストのような内容かつ、複数の診断を進めていくことで自分のタイプが明らかになり、自分と合うタイプも分かってきます。

    従って、相性のいい相手とマッチングする確率はやりこめばやりこむほど上がっていくのです。

    また、この診断や診断結果を話題にすることで女性とのメッセージも進めやすくなります。

    特に20代が多く、若者に人気のあるアプリなので恋活向けになりますが、非常に使いやすく単純に異性とメッセージをするだけのマッチングアプリなので、楽しみつつ利用ができます。

    3. Omiai

    Omiaiは様々にあるマッチングアプリを比較検討した際に「真剣度が高い」といえるアプリです。Omiaiに登録する人は「いずれ結婚したい」と思って出会いを探している傾向にあるので、恋活というよりは婚活寄りのアプリです。

    基本的な機能については他のマッチングアプリと大きな差はありません、。

    ただ、婚活寄りのアプリとしては非常に長く、真剣度が高い利用者が多いことから信頼はピカイチです。

    また、特に安全性に力を入れてあり、何かしらのペナルティを受けたユーザーをマッチング前後に関わらず、視覚的にわかるようにしてくれています。

    会員は30代前後の層が中心です。

    マッチングアプリを真剣にやりたい、ゆくゆくは結婚したいと感じている人はOmiaiが向いています。

    4. タップル誕生

    タップル誕生は、サイバーエージェントグループが運営する400万人以上が利用する恋活を重視したマッチングアプリです。累計マッチング数はなんと2億組という国内最大の数字を誇っています。

    マッチング数の多さから、タップル誕生では細かい条件というより、まずは「気が合いそう」な人と繋がりやすいサービスになっています。

    趣味カテゴリーがあらかじめ設定されており、自分の趣味や趣向が近しい人を「いいかも!」することができます。

    会員は20代〜30代といった層が中心です。

    アプリのデザイン的にも快適にスワイプができるのが特徴で、これも若年層に支持される理由の1つでしょう。

    「おでかけ機能」というメッセージよりも「〇〇に行きたい」などのデートにフォーカスした機能がある点も他のアプリと差別化できる点になっています。

    マッチングアプリを始めたいがそこまで細かく設定をしたり、条件を絞り込んだりするのが面倒という方はタップル誕生が向いているかもしれません。

    コミュ障同士の出会いでハードルも低い

    ネット上での出会いについて、コミュニケーションが苦手だと理由で選んでいる人も少なくありません。それを踏まえると、相手もコミュ障の可能性が高いので、ハードルが低く出会いやすいと言えるでしょう。

    対面のコミュニケーションが苦手、何を話しているか分からない、と相手も同様に考えている場合も多いです。急ぐ必要はないのでゆっくりと着実に会話をしていきましょう。

    相手に同調しつつ、徐々に距離を詰めていくことで出会いにより近づくことができます。

    最終的にはコミュ障を改善しなければならない

    コミュ障でも彼女は作れますが、継続して長く付き合っていくためにはコミュニケーション能力は必要になってきます。したがって、現時点でコミュニケーションが苦手だと感じる場合でも、徐々に克服していかなければなりません。

    それは、たとえネット上の出会いであっても、相手に気持ちを伝える時は直接会って話をしなければならないためです。今すぐには難しいかもしれませんが、少しずつでもコミュ障を直すという意識をしていきましょう。

    完璧ではない自分を認めること

    自信がもてない原因のひとつとして取り上げられるのが「完璧主義」です。

    理想と現実のギャップがありすぎるとなかなか自信がもてず、行動・発言できないことが多くなります。まずは、全てを完璧にしようとず、小さなところで確実に成功することを目標としてみましょう。

    例えば、彼女がいた経験がない場合に「今年中には彼女を作る」という目標は少々大きすぎます。「彼女がいる自分」から逆算して、今の自分に必要なことを洗い出してみましょう。

    そもそも対女性とのコミュニケーションが苦手なのであれば、まずは「女性との会話に慣れること」が必要になってきます。なんて話しかければいいかわからない、といった場合には「挨拶をすること」を目標にしてみましょう。

    このようの要素分解をしていき、小さなところから成功するように実践してみてください。

    この場合、「おはよう」などといった挨拶ができれば成功です。その後の会話にどもってしまったとしても落ち込む必要はありません。

    挨拶をすることができた自分褒めてあげてください。小さい成功体験が、後の大きな成功を生み出します。いきなり完璧を求め過ぎることなく、いまの自分ができることを認識してみましょう。

    コミュ障を直して彼女を作る

    コミュ障が直ってしまえば、彼女を作ることはさほど難しいことではありません。

    そもそも、コミュニケーション能力が高い人は一緒にいて心地よいと思われますので、男性女性問わず好かれます。

    彼女を作るにあたって、コミュ障さえ直してしまえば、あとはお目当ての女性を見つけアタックするだけです。

    まずは「自分に自信を持つこと」「挨拶から始めること」「聞き役に徹すること」を意識しましょう。

    また、出会いの場はマッチングアプリ等を通じて自分から増やしていくことができます。

    慣れていくことで彼女作りは大きく前進しますので、臆することなく行動してみてください。

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    【女子禁制】街コンCEOの軌跡

    この記事を書いた人

    街コンを愛し、街コンに愛された男。
    現在の参加回数46回(23県)

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる